• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースエフマイナー、『3D Stylee』にてURLのみで360度VRコンテンツを遅延なく遠隔同期する新機能をリリース
ニュース
2017/10/10 15:03

エフマイナー、『3D Stylee』にてURLのみで360度VRコンテンツを遅延なく遠隔同期する新機能をリリース

エフマイナーは、「どこでもかんたんVR」をコンセプトとした同社の360度VRコンテンツ制作クラウドソフト『3D Stylee』にて、URLのみで360度VRコンテンツを遅延なく遠隔同期する新機能を、『3D Stylee』の有料利用者向けに提供を開始。

LL_img_140020_1

【新機能「遠隔同期」とは】
『3D Stylee』で制作された360度VRコンテンツのオンライン発信での利用において、滞在時間が約30パーセント向上、閲覧ページ数も約60パーセント向上するなどの効果が、利用者から聞かれるようになった。また、360度VRコンテンツでのバーチャル内見のみでの成約事例も出てきている。遠隔地にいる顧客にVRコンテンツのURLを送って見てもらうという活用方法はすでに『3D Stylee』ユーザーの中では行われているが、これに接客を組み合わせることで、成約率向上、業務効率化を実現するために、本機能を開発。

なお、本機能を利用するには、アプリのダウンロードや特別な機材は不要で、スマートフォンやPCのウェブブラウザだけでできるため、消費者の利便性が高いものとなっている。なお、本機能名には「遠隔」と入っているが、もちろん近くにいる場合でも使用できるので、店舗内での接客時などにも活用可能。

【今後の展開】
今後は、2018年1~3月の賃貸不動産市場の繁忙期に向け、『3D Stylee』を利用中の不動産事業者とともに、効果的な導線の検証や、さらなる機能改善を進めるため、本機能を活用した不動産案内の実証実験を進めていく。同時に、研修やセミナーなど、不動産に限らず他の様々な分野で活用できる効果的な利用方法を検証していく。

【どこでもかんたんVR遠隔同期システムの特徴】
『3D Stylee』で制作した360度VRコンテンツは、管理画面で同期用のURLをいつでも自動発行可能。そのURLを同期したい相手と、メールやLINEなどのメッセージングツールで共有することで利用開始できる。以下の5つが大きな特徴。
(1) URLのみで360度VRコンテンツがリアルタイムで同期
(2) 通常のネット環境で、遠隔地でも遅延なく同期
(3) スマートフォン、タブレット、PCとあらゆるデバイスに対応(※1)
(4) 多人数のグループの場合を含めて同期するグループを自由に設定
(5) 双方向の多様なアクション伝達の種類を設定(※2)
※1 推奨環境として、PCはGoogle Chrome 最新版、Firefox 最新版、Safari 最新版、Edge 最新版、スマートフォンとタブレットはiOS 8.0以上でSafari 最新版、Android 5.0以上でChrome 最新版。
※2 アクションの種類には、シーンの移動や画像やコメントキャプションのポップアップ、動画再生や外部リンクオープンやiframeオープンなど3D Styleeで編集できる機能が含まれる。

■3D Stylee概要
3D Stylee(スリーディースタイリー)は、リーズナブルな価格、直感的な操作で、ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作、編集、管理ができるクラウドソフト。

詳細はこちら
https://3dstylee.com/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top