• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースシンガポールチャンギ国際空港で空港地上業務を行うSATS、ランプ業務効率化に『M300スマートグラス』採用
ニュース
2017/09/07 11:00

シンガポールチャンギ国際空港で空港地上業務を行うSATS、ランプ業務効率化に『M300スマートグラス』採用

Vuzix Corporationは、シンガポールに本社を構える空港地上業務や機内食ケータリング業務を行っているSATSに『M300スマートグラス』を納品。

01-1024x445

SATSは、シンガポールチャンギ国際空港でのランプ業務を効率化するために『M300スマートグラス』を利用開始。2018年中頃までに600人のスタッフに導入していく予定だ。

『M300スマートグラス』を利用することで、SATSのランプ業務を行うスタッフは手荷物や貨物コンテナにあるマーカーをスキャンし、リアルタイムで搭載方法を確認。ランプコントロールセンターも、地上業務をリアルタイムに確認できるようになり、効率化がはかれる。

SATSは大きなワイドボディ航空機の平均的な手荷物および貨物処理プロセスの精度および効率の向上が、1フライトあたり15分の積載時間を短縮することを期待している。

■Vuzix Shop
http://www.vuzix.co.jp/

■Amazon
http://amzn.asia/eFeDkEv

■販売代理店
http://www.vuzix.jp/shop.html

■パートナー
http://www.vuzix.jp/m100-consult.html

■M300スマートグラス 商品ページ
http://www.vuzix.jp/smartglasses/m300.html

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top