• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニューステキストデータから素早く重要な内容が得られるAI搭載クラウド型テキスト分析ツール『TextVoice』取扱開始
ニュース
2017/08/30 08:15

テキストデータから素早く重要な内容が得られるAI搭載クラウド型テキスト分析ツール『TextVoice』取扱開始

アドバンスト・アナリティクスは、マイボイスコムと協業し、テキストデータから素早く簡単に重要な内容やその情報を考察することができるAI搭載のクラウド型テキスト分析ツール『TextVoice(テキストボイス)』の取扱いを開始した。それに合わせて、マイボイスコム社のMyELデータプレゼントのキャンペーンも同時に実施する。

main-55

ビジネスにおけるデータ活用の重要度は増すばかり。データの種類においても、従来型の顧客データや購買データなどの定量データに加えて、ソーシャルメディアや口コミなどのテキストデータをはじめとする定性データが日々増加する時代となった。

アドバンスト・アナリティクスは、従来から定量データの分析ツールについては『IBM SPSS』製品を提供してきた。今回それに加えて、テキストデータからのデータ分析を支援するため、マイボイスコムのテキスト分析ツール『TextVoice』の提供を開始することになった。

『TextVoice』は、誰でもその日から使えるクラウド型テキスト分析ツール。マイボイスコムが独自のアルゴリズムで開発した言葉のつながりから、意味を推測し、分析のしやすさを促進、さまざまなテキストデータを簡単に、そしてわかりやすく関連性を表示するまったたく新しいテキストマイニングツールだ。AIを搭載しており、これまで自身で構築する必要のあった辞書もAIが自動で構築する。

従来の定量データと定性データを組み合わせることで、「いつ」「だれが」「何を」「どのように」「なぜ」購入したかなど、より深くデータを理解することが可能となる。

<TextVoiceの特徴と効果>
① 簡単な操作性と、わかりやすいアウトプット
・ボタンひとつで、4つの分析が完成。内容の把握から属性ごとの特徴まで、簡単な操作で、わかりやすく見える化。情報の共有、意思疎通、議論をスムーズに促進する。

② 最大6つの言葉の組合せで、文を自動で分類
・独自の統計解析アルゴリズムで、最大6つの言葉のつながりまで自動抽出。従来の「2語の係り受け」では見えなかった、もう一歩先が見えてくる。

③ 「辞書」を自動で作成
・独自の「意味辞書」により、データから言葉を自動分類し、辞書を提案。ゼロから辞書を作る必要ない。

④ 注目すべき「少数」意見を見つける、独自の指標「結束度」
・単語や係り受けの数を数え、多いものをカウントすることが、「テキストマイニング」ではない。「TextVoice」は独自の指標「結束度」を開発し、言葉と言葉つながりの強さを測ることで、注目すべき「少数」意見を見つけ出す。

sub2-26
sub1-38

■TextVoice利用権の提供料金(税別)
ひとり利用のID : 初期費用20万円+月額10万円~
※半年単位での契約。

■『TextVoice』キャンペーン実施
申込者特典として、9月中の申込者に限り、マイボイスコムの提供するアンケートデータベース「MyEL」のうち、好みの1テーマ(約1万人の回答、自由記述回答あり、定価5万円)をプレゼント。

■アドバンスト・アナリティクス株式会社
https://adv-analytics.com/

■TextVoice製品の詳細
https://adv-analytics.com/products/textvoice/

 

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top