• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース9/1(金)発刊の『月刊レジャー産業資料』9月号は、「ロケーションベース」VRを総力特集!
ニュース
2017/08/25 16:51

9/1(金)発刊の『月刊レジャー産業資料』9月号は、「ロケーションベース」VRを総力特集!

綜合ユニコムは、既存レジャー施設への導入や専門施設オープンが相次ぐ「VR(バーチャルリアリティ)」の集客実態を総力特集した『月刊レジャー産業資料』9月号(NO.612)を2017年9月1日に発刊する。

headimage

90c3d191ff
【主な編集内容】
■市場規模、VR施設のビジネスモデルとプレイヤーの顔ぶれがわかる!
「VRならでは」の体験価値で広がる「ロケーションベース」VR市場
全世界のVR関連売上げ推移/VRソフトウエアの売上げにおける各コンテンツ割合/主な導入手法
(株)Mogura 代表取締役社長 久保田 瞬

■最新施設の集客実態がわかる!
VR ZONE SHINJUKU (専門施設)
――日本最大級・16種類のアクティビティを提供、国内外20店舗以上を展開へ

VR PARK TOKYO (専門施設)
――ライトユーザーを獲得しつつ、マーケット開拓への先行投資も念頭に

ZERO LATENCY VR (テーマパーク導入型)
――東京ジョイポリスとの親和性活かし、年間集客4万人、稼動率95%を実現

SEGA VR AREA AKIHABARA (アミューズメント施設導入型)
――平日の50%以上はインバウンド利用。新たな顧客層の獲得で集客増目指す

SHIBUYA VR LAND (旅行代理店導入型)
――H.I.S.店舗の一画に開設。ハウステンボスのアンテナショップとしても

コニカミノルタ VirtuaLink (専門施設)
――プラネタリウム運営ノウハウを仮想空間と融合。癒しやリラックスを提供

■VR業界の展望と成長可能性がわかる!
多くの人が楽しみを「共有」できるスポーツや音楽分野に成長の余地あり
(株)電通 ビジネス・クリエーション・センター ビジネスイノベーション戦略室 次世代領域推進部 部長
足立 光氏

「13歳問題」などへの対応を急ぎつつ、健全なマーケット発展に貢献したい
(一社)ロケーションベースVR協会 代表理事 安藤晃弘氏

『月刊レジャー産業資料』9月号(No.612)
2017年9月1日発刊
A4判/縦型/120頁/定価5,500円+税

≪特集≫
「ロケーションベース」VR
体験価値が生み出す新たなにぎわい

綜合ユニコム|月刊レジャー産業資料
http://www.sogo-unicom.co.jp/leisure

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top