• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース中高生による第1回【スポーツアイデアソン】開催、最優秀賞はスポーツ観戦しながら同時に音楽ゲームが楽しめるアプリ
ニュース
2017/08/25 16:37

中高生による第1回【スポーツアイデアソン】開催、最優秀賞はスポーツ観戦しながら同時に音楽ゲームが楽しめるアプリ

フューチャー イノベーション フォーラム(以下、FIF)は8月2日(水)、中学・高校生を対象に最新テクノロジー「MR(Mixed Reality:複合現実)」を使ってスポーツイベントを盛り上げるアイデアを考える【スポーツアイデアソン】を開催。中高生に身近なスポーツをテーマに、最新技術を用いて課題解決に取り組む場を設けようと、今年初めての企画、開催。

d4374-232-185984-0

アイデアソンにはプログラミング未経験者を含む16名が参加し、各自MRを体験したあと、VRゲームのプログラミングにも挑戦。その上でMRを活用したスポーツの新しい観戦スタイルや課題を解決するアイデアを出し合い、参加者の投票で4つの案に絞り、グループで協力してブラッシュアップしていった。

d4374-232-466164-1

アイデア発表では、選手のスピードや強さを動物にたとえるサービスやMRを使った道案内システムなどをプレゼンし、最優秀賞には、スポーツを観戦しながら同時に音楽ゲームが楽しめるアプリが選ばれた。
審査員からは「どれも素晴らしく甲乙つけがたい」「実用化したら、観戦だけでなく選手の強化にも応用できそう」といった講評が寄せられた。参加者は「一人では思いつかないアイデアがたくさんあって面白かった」「3年後の東京2020には、自分もぜひ関わりたい」と話す。なお今回考案したアイデアは、実現に向けて検討していく予定とのこと。

【実施概要】
日 時:2017年8月2日(水) 10:00~16:30
会 場:フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark)
参加者:中学生・高校生 16名
プログラム:
1.MR体験とプログラミングの学習
2.アイデアソン(個人ワーク・グループワーク)
3.アイデア発表
4.表彰式、審査員とのトークセッション
審査員:  ※敬称略、氏名50音順
朝日健太郎(参議院議員、男子バレーボール・ビーチバレーボール元日本代表)
上林 功(一般社団法人超人スポーツ協会事務局次長)
上原大祐(NPO法人D-SHiPS32代表、パラリンピック銀メダリスト)
村澤清彰(ライブリッツ株式会社代表取締役社長)

主 催:フューチャー イノベーション フォーラム
協 力:一般社団法人超人スポーツ協会、NPO法人D-SHiPS32、
    フューチャー株式会社、フューチャーアーキテクト株式会社、
    ライブリッツ株式会社、株式会社ワイ・ディ・シー
後 援:品川区教育委員会、未来の学びコンソーシアム

■FIF事務局
URL:http://fif.jp/
facebook:http://www.facebook.com/fif.2006

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top