• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース空中に映像を表示できるSF映画のようなディスプレイ『Floating Image Hyper Vision』による受付台キットリリース
ニュース
2017/08/25 08:09

空中に映像を表示できるSF映画のようなディスプレイ『Floating Image Hyper Vision』による受付台キットリリース

アシストは、空中結像ディスプレイシステム『Floating Image Hyper Vision™』を、約1分で簡易的に構築できるSF映画の世界のような受付台エントランスキットをリリース。
※商標登録出願中

50090_fAZYmFymVy

この簡易受付台キットは、耐久性の高い積層ダンボールを使用。印刷紙と同等のデザイン表現が可能で軽量のため、片付けも1分程度で済ませることが可能だ。100万円以下の価格で提供が可能となり、以前の標準モデルよりもさらに安く導入することができるようになった。

(1)積層ダンボール本体
●印刷デザイン含む

2)AIプレート488ミリ角(アスカネット社製)
●仕様
本体 :ソーダライムガラス
サイズ :488mm × 488mm × 4mm(±0.5mm)
重量 :約2.4kg
表示サイズ :対角15インチ以内
ミラーピッチ :0.55ミリ

(3)受付画面アプリケーション
※他システムとのつなぎ込み、またUIデザインの変更などについては別途御相談となる場合があり。

(1)設置イメージ (動画)

(2)片付けイメージ (動画)

■株式会社アシスト
http://www.assist-corp.tv/

■DCPサービス特設サイト:DCP制作 – デジタルシネマパッケージ|ASSIST
http://www.digital-cinema.shop/

■アシスト公式Twitter
https://twitter.com/assist_ads

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top