• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースKDDI、カラオケ店舗で気軽にVRが楽しめるサービス『KDDI カラオケVR』を8/22(火)より提供開始
ニュース
2017/08/09 08:00

KDDI、カラオケ店舗で気軽にVRが楽しめるサービス『KDDI カラオケVR』を8/22(火)より提供開始

KDDIは、8月22日(火)よりカラオケ店舗で楽しめるVRサービス『KDDI カラオケVR』を提供開始する。まずはその第1弾として、全国にカラオケ店舗展開する株式会社スタンダードと連携して、JOYSOUND品川港南口店でサービスを開始。今後、対象店舗を随時拡大していく予定だ。

p_index_01_sum

『KDDI カラオケVR』は、導入カラオケ店舗にて気軽に本格的なVRが楽しめるるサービス。
ひとり1台VR機器を貸出しする事で、複数人でもVR映像が楽しめ、VR機器とカラオケ機材を接続することで、カラオケルームの高品質なスピーカーで臨場感のあるVR体験ができるのが特徴である。

コントローラーでVR空間を自由に移動でき、自由な視点からVRコンテンツを視聴できる「自由視点VR」技術を活用したマジカル・パンチラインの新曲『パレードは続く』のVRコンテンツも用意。そのほか『ギガ恐竜展2017-地球の絶対王者のなぞ-』やホラーコンテンツの『怨みの村』など、さまざまなVRコンテンツをラインアップ。今後、子供から大人まで楽しめるVRコンテンツを、毎月更新・追加していく予定だ。

p_index_02

また「auスマートパス プレミアム」または「うたパス」会員は、カラオケ利用料金の総額が割引になる火曜日の特典「auチューズデイ」を利用することで、『KDDI カラオケVR』もおトクに利用可能。

さらに、ポニーキャニオンと連携し、『KDDI カラオケVR』を提供しているJOYSOUND店頭で、「マジカル・パンチライン」の限定VRコンテンツとオリジナルデザインのVRゴーグル「ハコスコ」がセットになった「パレードは続く」ハコスコ付き完全限定生産サンライズ盤を販売。セットの購入で自宅に帰ったあとでもVRを楽しむことができる。
「ハコスコアプリ」でも、自由視点VR技術を活用した「マジカル・パンチライン」の新曲VRコンテンツ「パレードは続く」が楽しめる。
※2017年9月提供予定。「ハコスコ」でのVR空間内の移動操作は、コントローラーではなくスマートフォンの加速度センサー・ジャイロセンサーを利用する。

■KDDI
http://www.kddi.com/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top