• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースYouTubeのVRコンテンツに対応したステレオレンズ(二眼)搭載VRカメラ『LucidCam』を国内向けに販売開始
ニュース
2017/08/07 08:00

YouTubeのVRコンテンツに対応したステレオレンズ(二眼)搭載VRカメラ『LucidCam』を国内向けに販売開始

ヴェルテは、米Lucid VR社製立VRカメラ『LucidCam』の国内向け一般販売を8月4日(金)より開始した。価格は7万9,800円(税込・送料込)

37776_qNMtBhNggq

『LucidCam』は、ステレオレンズ(二眼)を搭載し、両眼視差を利用した180度立体の動画・静止画撮影が可能なVRカメラだ。

人間の目は、左右の目(両眼)の視差によって立体と奥行きを認識する。そのため、本物のVR動画を撮影するにはステレオレンズ(二眼)搭載カメラが必要となる。

しかしながら、従来の360度カメラの多くは一眼で、立体視することができない。高価なプロ用機材としては存在しているが、それをコンシューマ向けの価格帯でステレオレンズ(二眼)を搭載し4Kカメラを実現しているのが、本製品の最大のポイントだ。

Wi-Fi/HDMIを搭載しており、リアルタイムで180度視野角の4KフルHD3DVR動画を中継/放送することも可能である。

4Kの高画質で写真や動画を撮影。Wi-Fi経由でスマホに転送し、スマホ向け簡易VRゴーグルでVRコンテンツを視聴することもできる。

また、YouTubeのVR180フォーマットにも対応。撮影したVRコンテンツをアップすることもできる。『LucidCam』を3台を組み合わせることで、360度撮影を行うこともできる。

■『LucidCam』概要
種別:クラウドファンディング商品(出荷開始)
カテゴリ:バーチャルリアリティ(VR)
製品名:米Lucid VR社製VRカメラ『LucidCam』
開発製造:米Lucid VR社 http://www.lucidcam.com/
販売:ヴェルテ(株式会社ドゥモア) http://welte.jp/
出荷開始:2017年8月4日
出荷開始:出荷中、新規注文納期2~4週間
価格: 7万9,800円(税込・送料込)
支払い方法:注文時の銀行振込/PayPal(クレジットカード)、後払い(上場企業、大学、研究機関のみ)
販売方法:直営店の完全予約制
販売用URL:http://welte.jp/ca1/75/p-r-s/

■仕様
メモリ:32GB
RAM:2GB
外部記録メディア:MicroSD(32GB)
動画:フルHD(4K)、30fps、MP4
画像:フルHD(4K)、JPG
視野角:180×180度
開放F値:F/2.2
I/O接続端子、ネットワーク MicroUSB(データ転送/充電)、HDMI出力、Wi-Fi(ライブストリーム対応)
音声:2系統マイク、ステレオオーディオ
電源:リチウム充電池
連続使用時間:1.5時間
本体重量:225g
本体サイズ:131×67.3×25mm
360度対応:スタンドを使って3台固定すると360度撮影も可能
アプリ対応:iOS/Android
対応VRヘッドセットなど:YouTube VR180、スマホ使用型汎用カードボード等
Indiegogoサイト https://www.indiegogo.com/projects/lucidcam-the-world-s-first-consumer-3d-vr-camera#/
保証:90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償)

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top