• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース消火訓練用の専用設備不要!! リアルな映像で火災・煙を再現する『VR消火体験シミュレータ』が9月に発売
ニュース
2017/08/03 09:30

消火訓練用の専用設備不要!! リアルな映像で火災・煙を再現する『VR消火体験シミュレータ』が9月に発売

日本電気、NECネッツエスアイおよびMXモバイリングは、VR技術を活用し、一般社団法人 東京防災設備保守協会による監修のもと、リアルな映像で火災・煙を再現した『VR消火体験シミュレータ』を開発、9月に発売する。

0201-01

『VR消火体験シミュレータ』は、Galaxyに対応したヘッドマウントディスプレイ『Galaxy Gear VR with Controller』を装着し、画面に表示される火災現場の映像を見ながら、訓練用消火器を操作して消火体験ができるというシステムだ。消火訓練用の専用施設が不要で、様々な場所で手軽に体験することができる。

防災訓練のひとつに消火体験があるが、多くは屋外や防災体験施設内で行われてるほか、訓練用水消火器は粉末や液剤を噴射する実際の消火器とは異なるため、消火器による火の消え方などを再現した消火体験は困難だった。

それらの課題を解決するため、スマートフォン用のVR映像作成技術で、スマートフォン用VRゴーグルを中核とする簡易な構成で、訓練用消火器を用いたリアルな消火体験ができるシステムが開発されることとなった。

価格は、1セット(スマートフォン、HMD、訓練用消火器、ソフトウエア、指導者用モニター)で100万円(税別)から。全国の消防・防災関連団体や一般企業の防災部門などに向けて、今後3年間で1,000セットの販売を目指す。

0201-02

■関連サイト
日本電気
NECネッツエスアイ
MXモバイリング

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top