• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースハタプロ、伊勢丹新宿本店にてAI活用デジタルサイネージと小型ロボット『ZUKKU(ズック)』店頭実証実験開始
ニュース
2017/08/02 16:00

ハタプロ、伊勢丹新宿本店にてAI活用デジタルサイネージと小型ロボット『ZUKKU(ズック)』店頭実証実験開始

ハタプロは、インタラクティブサイネージ機能を持ち合わせた、店舗活用向けの小型ガイドロボット『ZUKKU(ズック)』を、伊勢丹新宿本店で8月9日(水)より開催されるトレンド性・話題性のあるモノ・コトの祭典【デジタルホビーフェス】内の店頭での販売促進に活用する実証実験を開始する。

d19590-21-139844-0

ハタプロが開発する『ZUKKU』は、低価格で手軽に導入可能なマーケティング支援AIロボット。SIMカードを内蔵し、スイッチひとつで稼働する、特殊設定いらずの通信対応、自律思考しプライバシーを侵害しないセキュアな形式でデータを取得・解析する、小さなパートナーだ。

今回、小売業向けに次世代の販売促進パートナーとしての役割を目指すため、『ZUKKU』とセットで使える、状況に合わせてリアルタイムに変化する、あと付可能なインタラクティブサイネージシステムを開発。

『ZUKKU』で取得した識別データを、IBMのBluemixおよびWatsonをベースとしたハタプロのクラウド型マーケティング管理システムに蓄積して可視化し、将来、売り場の需要予測や販促施策立案、付随するデジタルサイネージ広告配信の自動最適化なども実施できるようAIの精度を高めていく。

d19590-21-207436-1

d19590-21-737962-2

今回、伊勢丹新宿本店で行われる【デジタルホビーフェス】に 『ZUKKU』を導入することで、小型という特徴を活かし、これまで大型ロボットでは実現できなかった、主要商品やタッチポイントなどの最適な場所に設置可能で、来場者の満足度向上を目指すために、よりダイレクトにワクワクするコミュニケーションを体験しながら提案する実証実験を実施する。

■実証実験の概要
今回の伊勢丹新宿本店で行う実証実験の主な内容
1)来店した顧客の属性情報を自動で集計分析し、最適な商品提案
2)顧客分析をし、顧客が興味をもった商品の案内
3)店頭の混雑状況を把握し、人員配置の効率化

main-3

■伊勢丹新宿店【デジタルホビーフェス】について
昨今注目を浴び、様々なアイテムが登場しているデジタルトイを、伊勢丹新宿店本館6階=センターパークで販売・展示。
期間中、ロボット玩具やプログラミングトイ、VRやスマホ連動玩具などを取扱い、お子さまはもちろん、大人の方も含めご家族で楽しめる企画。
デジタルトイを通じて「デジタル×学び×楽しさ」をお伝えする。

・期間:2017年8月9日(水)〜8月21日(月)
・場所:伊勢丹新宿店本館6階=センターパーク

■関連サイト
ハタプロ

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top