• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースプレミアム・コニャック『レミーマルタン』がMicrosoft HoloLensを使ったブランドMR体験プロジェクトを開始!
ニュース
2017/07/26 09:00

プレミアム・コニャック『レミーマルタン』がMicrosoft HoloLensを使ったブランドMR体験プロジェクトを開始!

​Rémy Cointreau Japanは、プレミアム・コニャック『レミーマルタン』の、Microsoft HoloLensを使用した世界規模のブランドMR体験プロジェクトの開発を発表。

main-50-1024x626

『レミーマルタン』は、「フィーヌ・シャンパーニュ・コニャックという商品特性を訴求する新しいコンセプト「ROOTED IN EXCEPTION(比類なきルーツ)」を複合現実で体験できる、遊び心あふれる方法を開発。

体験はセラーマスター バティスト・ロワゾーの呼びかけで、グランド・シャンパーニュとプティット・シャンパーニュの葡萄畑を表現したテーブルへに案内される。特別な土壌で育まれる葡萄がワインとなり、オー・ド・ヴィー(原酒)から『レミーマルタンXO』へ変わっていく過程と「比類なきルーツ」がどのように関わっているかを体感することができる。
同プロジェクトは、ロサンゼルスでのイベントを皮切りに、全世界で展開される(日本での開催は未定)。

レミーマルタン社のグローバル・ブランド・ディレクター オーギュスタン・デパルドンは「我が社にとって、複合現実プロジェクトはブランドの持つストーリーを伝えるすばらしい機会です。お客様を魅了しながらルーツを伝えられる、最高の方法ではないでしょうか。最新のホロレンズのテクノロジーを使って、レミーマルタンの特色、他ブランドを圧倒する強みをお伝えし、歴史と技術の継承に基づく品質の高さを実感していただけると考えています」と述べる。

また、当プロジェクトを担当したカゼンディ社のホログラフィー部門責任者 マクシミリアン・デーレ氏は「複合現実は、人々を新しい経験へと引き込む最も魅力的な方法です。約300年の歴史を誇るブランド企業であり、イノベーションを通じてその圧倒的な存在感と伝統を磨き続けているレミーマルタン社とともに初めてのホロレンズを使ったブランド体験プロジェクトを立ち上げることができ、興奮を抑えきれない心境です」と語った。

sub1-35-1024x801

【レミーマルタンとは】
1724年、フランス コニャックにて創業。その後290年にわたり、自然の恵みである良質の葡萄の潜在的なアロマを表現している。
原料となる葡萄の産地を、上位2地区の畑であるグランド・シャンパーニュ、プティット・シャンパーニュのみと限定した、フィーヌ・シャンパーニュ・コニャック。
ケンタウロスのロゴは、多彩な能力を発揮し活躍する姿を表しています。多彩な才能を表現する、新たな時代のリーダーたちに相応しいアイコン。

■オフィシャルサイト
http://jp.remymartin.com/

■オフィシャルFacebookページ
https://www.facebook.com/RemyMartinJapan

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top