• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース平田機工の複数人参加型CAD・VRシステムがモノビットの「モノビットエンジン」を採用
ニュース
2017/07/12 10:00

平田機工の複数人参加型CAD・VRシステムがモノビットの「モノビットエンジン」を採用

モノビットは、同社の「モノビットエンジン」を、平田機工が複数人参加型CAD・VRシステムに採用したことを発表。

main-23

平田機工の複数人参加型CAD・VRシステムに採用された「モノビットエンジン」は、VR空間上で3DCADデータを表現。「Monobit Unity Networking 2.0」と「VR Voice Chat」を利用して、複数人数によるリアルタイム通信で遠隔地をネットワークで結び、VR空間内で3DCADデータを実物のように扱いながら、コミュニケーションが行える。

sub1-20

平田機工では、世界中の工場の生産ラインを要望に合わせて作っているため、構想打ち合わせから製造・試運転までの間に、多くのコミュニケーションに時間を費やしているが、今回のVR技術を導入することで、早い段階から仮想空間内で装置間の干渉の有無やメンテナンス等の検証ができ、確認作業時間の削減が可能となった。

複数の人が同じ空間の中で検証ができるようになったことで、さらなる作業効率の向上が期待できるという。

■『VR Voice Chat 2.0』製品概要
sub3-15

現在、VRコンテンツにおける″リアルタイム・コミュニケーション″の必要性が高まっている。『VR Voice Chat』とは、VR空間内で複数人による物理同期やボイスチャットを手軽に実装できるUnity専用のアセットだ。自分の動きや声をネットワークで通信し、リアルタイムでVR空間を共有することで、VRコンテンツの新たな楽しみ方や深い没入感を創り出すことができる。さらにゲームだけではなく、様々な業種で制作されるVRコンテンツにも、VRボイスチャットを簡単に搭載可能。なお、『VR Voice Chat』はモノビットエンジン公式サイトにて、無料ダウンロードができる。

『VR Voice Chat 2.0』製品ダウンロード先
http://www.monobitengine.com/vrvc/

■『Monobit Unity Networking 2.0製品概要』
sub2-18

『Monobit Unity Networking 2.0』は、Unity専用の無料アセット。クライアントプログラムだけでマルチプレイゲームを簡単に実装可能。さらに新製品『Monobit Revolution Sever』の新コアを採用し、TCPに加え、UDP/RDUPも正式サポートするなど大幅な通信性能アップを図った。

『Monobit Unity Networking 2.0』製品ダウンロード先
http://www.monobitengine.com/mun/

『Monobit Revolution Server』製品概要
sub4-8

『Monobit Revolution Server』は、オンラインゲームやネットワークアプリの開発・運用に利用可能な高性能な通信エンジン&総合サーバーパッケージ。Linux/Windowsサーバーで動作し、あらゆるジャンルのマルチプレイ要素をスムーズに開発することができる。『Monobit Revolution Server』は「オンラインゲームを支える技術」の著者でもある弊社CTO中島謙互設計の下、ネットワークエンジンのエキスパートが開発を手がけ、導入や開発、高スループットと高レスポンスに加えて柔軟な開発・運用を実現している。なお、『Monobit Revolution Server』はモノビットエンジン公式サイトにて、無料ダウンロード可能。

『Monobit Revolution Server』製品ダウンロード先
http://www.monobitengine.com/mrs/

■関連サイト
企業ホームページ:http://monobit.co.jp/
モノビットエンジン公式サイト:http://www.monobitengine.com/
MONOBIT VRサイト:http://monobit.co.jp/vr

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top