• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース東京メトロ、土木構造物の維持管理教育用にARを活用したアプリを開発
ニュース
2017/07/04 15:00

東京メトロ、土木構造物の維持管理教育用にARを活用したアプリを開発

東京メトロは、現在トンネル等の土木構造物の検査業務にiPad専用アプリを開発・使用中だが、今回新たに、教育用としてAR(拡張現実)技術を活用したアプリを開発。今年の5月から使用を開始していることを発表した。

main-4

アプリは、2015年度から運用している土木構造物の検査業務用iPad専用アプリケーションを拡張開発したものだ。総合研修訓練センター(江東区新木場)内の模擬トンネル、模擬橋りょう・高架橋において、iPadアプリの画面上に実際のトンネルや橋りょう・高架橋に存在する変状を再現することができるというもの。

sub1-4
総合研修訓練センター 模擬トンネル

sub2-3
総合研修訓練センター 模擬高架橋

これにより、検査業務用iPad専用アプリを使った実際の検査業務と同じ手法・手順で、維持管理技能の模擬体験が可能となる。研修生の理解度向上や、安全で時間的制約を受けない研修の実施に繋がっている。

sub3-3

2015年4月から、トンネル検査へのiPadの導入及び検査専用アプリケーションの導入を行っており、検査の効率化や紙の削減等に寄与している。
検査は終電後から始発前までのわずかな時間で行っており、効率的な作業を行うことが重要となる。このアプリでは、ひび割れや漏水の発生位置、状態等についてiPadの特徴を生かし、画面をタップすることで簡単に入力できるようになっているほか、検査結果をiPadからデータベースに直接転送することが可能であり、データベースへの入力・
整理に要する時間の大幅な削減に寄与している。

東京メトロでは、今後も新たな技術の開発・導入を通じて、さらなる「成長」に向けた取組みを積極的に進めていくという。

■関連サイト
東京メトロ

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top