• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース日本ビーテーエー、VR対応フライトシミュレーター『VR-Chair Proシリーズ』を7月より発売
ニュース
2017/06/30 09:00

日本ビーテーエー、VR対応フライトシミュレーター『VR-Chair Proシリーズ』を7月より発売

日本ビーテーエーは、VRヘッドマウントディスプレイ対応フライトシミュレーター『VR-Chair Proシリーズ』を7月より発売する。ラインアップには、VRの体感を追求した『Feel(フィール)』と、実機の操縦感覚を追求した『Real(リアル)』の2種が用意されている。

s-img_131896_1__2sum
VR-Chair Feel
※視界モニター(ディスプレイ)はオプション

『VR-Chair Feel(フィール)』は、VRシステムで360度全方向の映像を見ながら航空機の操縦体験ができるフライトシミュレーターだ。最大6自由度の動きが可能。ゲーム感覚でフライトシミュレーターを楽しむことができる。こちらは主に、空港やミュージアムなどのアミューズメント向けに開発されたものだ。

s-img_131896_2-768x1024_sum
VR-Chair Real

『VR-Chair Real(リアル)』は、従来製品のフライトシミュレーター(FS-Chair)をVR対応型に進化させたものだ。操縦桿の操作でソフト上の機体の姿勢データを駆動部へ送り、2軸モーションを制御するシステム(特許取得済)を採用。動作の追従性を向上させることで、実機に近い操縦体験ができる。VRの映像のほか、オプションの視界モニターを取り付けが可能。操縦者以外の人も、コックピットからの映像を楽しめるようになっている。こちらは、アミューズメント向け以外に、学校など教育機関への導入にも適している。

■製品概要
<VR-Chair Feel>
発売日       : 2017年7月
本体標準価格(税抜き): 350万円
サイズ       : 幅725mm×奥行き1320mm×高さ1420mm
URL         : http://www.fs-device.com/fsd_vrc.html

<VR-Chair Real>
発売日       : 2017年7月
本体標準価格(税抜き): 420万円
サイズ       : 幅1250mm×奥行き1400mm×高さ1300mm
URL         : http://www.fs-device.com/fsd_vrc.html

■日本ビーテーエー株式会社
http://fs21.com/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top