• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース近畿大学、AIで学生ひとり一人の潜在的興味を分析し、性格に合わせて本を紹介する新サービスを提供開始
ニュース
2017/06/27 11:00

近畿大学、AIで学生ひとり一人の潜在的興味を分析し、性格に合わせて本を紹介する新サービスを提供開始

近畿大学は、AIがSNSの投稿内容から各学生の性格を分析し、その人の潜在的興味に一番合った本を紹介する新サービスを開始する。この機能は、エイド・ディーシーシーが開発。4月に開設した近畿大学の新たな学術拠点「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」の公式ホームページにて、6月26日(月)に公開した。

main-45-1024x645

「ACADEMIC THEATER」の中心施設図書館「BIBLIOTHEATER(ビブリオシアター)」は、編集工学研究所所長・松岡正剛氏の監修により、マンガ約2万2,000冊を含む約7万冊の本を配架している。これらの本を学生に活用してもらうために、AIで学生ひとり一人に適した本を紹介するために作られたのがこのサービスだ。

サービスは、AIがTwitterやFacebookの投稿内容から学生のキャラクターを分析。心理学のビッグファイブ理論に基づいて、人間の性格を構成する「開放性」「誠実性」「外向性」「調和性」「神経症傾向」の5つの因子に関連する言葉を抽出し、スコア化。

sub2-26

またAIにより、7万冊の本も書評を分析して5項目をスコア化。そこからその人の特性分布値と最も近い本をお薦めの本として抽出する仕組みとなっている。

sub3-19-1024x840
sub1-35-576x1024

AIが学生のSNS投稿をもとに潜在意識を刺激するお薦めの1冊との偶発的な出会いを創出することで、本離れが進むと言われる学生に読書のきっかけを提供する。

■URL:https://act.kindai.ac.jp/
■公開日:平成29年(2017年)6月26日(月)10:00

■関連サイト
エイド・ディーシーシー
http://www.kindai.ac.jp/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top