• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースViRD、Google Tangoを利用したスマートフォン向けARモデリングアプリ『Makebox AR』をGoogle Playにて配信
ニュース
2017/06/26 12:00

ViRD、Google Tangoを利用したスマートフォン向けARモデリングアプリ『Makebox AR』をGoogle Playにて配信

ViRDは、スマートフォン向けARモデリングアプリ『Makebox AR』を、Google Playにて配信開始。

main-44-1024x576

『Makebox AR』は、誰でも簡単にスマートフォン上で3DモデリングをすることができるARアプリだ。
アプリはGoogleのAR技術「Tango」を利用できる端末に対応。現実空間で積み木をしているような感覚で、直感的に3Dモデリングができるのが特徴。6月23日(金)に発売されたばかりの最新スマートフォン『ZenFone AR』にも対応している。

『Makebox AR』はウェブで共有することでobjファイルとしてダウンロードできるため、他の3DモデリングツールやUnity、UE4などのゲームエンジンで使うこともできる。また、3Dプリンターで出力することも可能だ。

sub1-34-1024x576
sub2-25-1024x576

sub3-18-576x1024sub4-17-576x1024

アプリで自由にモデリングをする以外にも、毎日出題されるお題に挑戦することもできるので、とくに作りたいものが思いつかないときは、これらにチャレンジしてみるのも楽しい。

■アプリ概要
タイトル: Makebox AR
価格: 無料
対応機種: Tangoを利用できるAndroid端末
ダウンロードはこちら

公式サイト: https://make-box.com

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top