• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース距離測定や空間の3Dスキャンが手軽にできるAndroid向けアプリ『HakaruAR β版』を【第28回 設計・製造ソリューション展】に出展
ニュース
2017/06/14 10:30

距離測定や空間の3Dスキャンが手軽にできるAndroid向けアプリ『HakaruAR β版』を【第28回 設計・製造ソリューション展】に出展

アイデアクラウドは、距離測定や空間の3Dスキャン、図面の生成など、手軽に「測れる」Android向けアプリ『HakaruAR β版』を、レノボ・ジャパンと共同で6月21日(水)~23日(金)までの期間、東京ビックサイトで開催される【第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)】にて展示する。

headimage-3

『HakaruAR β版』は、GoogleのAR技術Tangoを活用し複数距離の測定や部屋の3Dスキャン、図面の生成など手軽に測ることができるアプリ。

「計測モード」では、測りたい場所の端と端をタップするだけで簡単に距離を測定することができる。

9943c66862

「3Dスキャンモード」では、空間をスキャンして3Dメッシュデータの作成が可能だ。

2d6735c956

「図面生成モード」では、部屋の角を順番にタップしていくだけで、簡単に平面図を生成することができる。
8b7dc4ba05

リリースは6月末の予定で、制限付きの機能評価版を無料で配信。すべての制限を解除した月額3,800円のサブスクリプションサービス版の提供も予定している。

■第28回 設計・製造ソリューション展(DMS)の概要
場所:東京ビックサイト 東1-8ホール レノボ・ジャパン株式会社ブース
開催日時:2017年6月21日~23日 10:00-18:00
料金:無料

■「HakaruAR」WEBサイト
http://ideacloud.tokyo/hakaruar/

■レノボ・ジャパン株式会社
http://www3.lenovo.com/jp/ja

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top