• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースアップル、最新OS『macOS High Sierra』を発表! VRコンテンツ制作も初サポート
ニュース
2017/06/06 13:00

アップル、最新OS『macOS High Sierra』を発表! VRコンテンツ制作も初サポート

Appleは、デスクトップオペレーティングシステムの最新版『macOS High Sierra』を6月6日(日)に発表した。

0447227_01

今回発表された『macOS High Sierra』は、新しいファイルシステム「HEVC (High Efficiency Video Coding)」 のサポートや、AIからVRコンテンツ制作までを実現する先進グラフィックステクノロジー「Metal」のアップデートを提供する。また、写真やSafari、メールといったアプリケーションにも改良が加えられている。

アップデートされた「Metal2」は、洗練されたAPIと改良されたパフォーマンスが特長で、Macの持つGPUパワーを最大限高速かつ効率的に利用することができる。この「Metal2」と最新のMacハードウェアのパフォーマンスを活用することで、初めてVRコンテンツの制作もサポートしている。

0447227_03

一例として、Stream VRプラットフォームをmacOSのために最適化。HTC Viveヘッドセットの接続が可能となる。UnityとEpicも、macOS用のVR開発ツールを提供。今年後半には、『Final Cut Pro X』でプロ向け360度ワークフローのサポートが追加される予定だ。

0447227_04

リリースは今年の秋の予定だが、Apple Beta Software Programに申し込むことで、ひと足お先に体験することができる。

■macOS High Sierraプレビュー – Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/macos/high-sierra-preview/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top