• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース『Microsoft HoloLens』活用の『ホログラフィック・マンションビューアー』、新築マンション販売向けに採用
ニュース
2017/05/23 15:43

『Microsoft HoloLens』活用の『ホログラフィック・マンションビューアー』、新築マンション販売向けに採用

野村不動産とプライムクロスは、ネクストスケープと共同で、日本マイクロソフトのホログラフィックコンピューター『Microsoft HoloLens』を活用した新築マンション販売向けビューアー『ホログラフィック・マンションビューアー』を開発した。

main-44-1024x683

『Microsoft HoloLens』は、目で見える現実世界に3Dの仮想物体を重ねて表示させることで、現実世界と仮想世界を複合した「MR」(複合現実)を実現するデバイスだ。VRとの大きな違いは、現実世界が見えている状態のままホログラフィックで操作が行えるところである。

sub1-29-1024x768

今回発表された『ホログラフィック・マンションビューアー』は、建物の完成イメージを原寸大で見ることができる「リアルサイトビューアー」と、マンションの外観模型を『Microsoft HoloLens』越しに表示する「ホログラフィック外観ビューアー」のふたつの機能を備えている。これにより、紙資料やWEBなどの2次元データではイメージがしにくかったものを立体的にわかりやすく表現できるようになった。

■リアルサイトビューアー
sub3-11-1024x576
リアルサイトビューアーは、「HoloLens」越しにマンション建設予定の敷地を眺めると、建物の完成イメージを原寸大で見ることができるビューアー。購入を検討中のお客様に、写真や動画では味わえない臨場感を提供する。

■ホログラフィック外観ビューアー

ホログラフィック外観ビューアーは、マンションの外観模型を「HoloLens」越しに表示するビューアー。「HoloLens」を使うことで場所を選ばずに、完成した外観イメージを360度確認可能になる。

『ホログラフィック・マンションビューアー』は、7月より販売予定の「プラウドシティ越中島(東京都江東区/305戸)」で導入される予定だ。ちなみに『Microsoft HoloLens』を新築マンションの販売に活用する事例はこれが日本初となるとのこと。

■「プラウドシティ越中島」 ホームページ
https://www.proud-web.jp/mansion/tokyobay/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top