• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース客室内情報配信サービス『ee-TaB*』がVRコンテンツや地域の特産品をスマホで購入できるサービス提供開始
ニュース
2017/05/02 10:00

客室内情報配信サービス『ee-TaB*』がVRコンテンツや地域の特産品をスマホで購入できるサービス提供開始

テックファームとミライトは業務提携し、ホテルや旅館に提供している客室設置型タブレット『ee-TaB*(イータブ・プラス)』にて、コンテンツや地域の特産品などをスマートフォンで決済・購入できるサービスを5月1日(月)より提供開始した。

img_127628_1-1024x650

2017年5月1日現在、『ee-TaB*』を設置している全2,768室への導入を促し、年度内には倍増を目指す。客室内課金サービス拡充により、ホテル利用者の満足度向上に加え、導入ホテルや旅館の売上増加が期待できるという。

その第1弾として、映画の撮影地巡礼や漫画のキャラクターとの冒険などのコンテンツが体感できる「VRコンテンツ視聴体験サービス」を提供。客室用にレンタルされるゴーグルを利用することで、これらのVRコンテンツを楽しむことができる。

今回提供されるコンテンツは、インターピア社が運営する「VRTHEATERサービス」から厳選した作品のほか、1本あたり7分から15分の有料のコンテンツ(300円~)を16本、無料のコンテンツを12本を順次追加していく予定。5月1日(月)より、ベストウェスタン東京西葛西グランデで提供が開始されている。

今後のコンテンツについては、VRコンテンツだけではなく、化粧品などのアメニティサンプルを客室内に設置し、気に入ったものを『ee-TaB*』で閲覧、個人のスマホで購入、免税品の場合は空港で受け渡しできるサービスなども展開予定。また、観光案内サービスや地酒・伝統工芸品などの地域に根ざしたサービスや特産品なども提供・販売し、インバウンドニーズへも対応していくとのこと。

なおこれらの『ee-TaB*』で提供されるコンテンツや商品は、従来のプリペイドカード等を利用したものとは異なり、部屋から出ることなく個人のスマートフォンで購入できるのが特徴だ。まずはAmazon PayとLINE Payを導入。今後は中国や台湾などアジアの利用者向けに、Alipay(アリペイ)やWeChat Payment(ウィーチャット・ペイメント)、ビットコインなどの決済手段にも対応していく予定だ。

img_127628_3-1024x609

■『イータブ・プラス』紹介ページ
http://sls.mrt.mirait.co.jp/specialcontents/eetabplus/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top