• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースVRで会議室やショールームを実現! Synamon、VR空間構築ソリューション『NEUTRANS』提供開始
ニュース
2017/04/11 14:41

VRで会議室やショールームを実現! Synamon、VR空間構築ソリューション『NEUTRANS』提供開始

Synamonは、VR空間構築ソリューションの新サービス『NEUTRANS(ニュートランス)』を4月11日(火)より提供開始。3D空間を用いたVR活用を目指す企業に向けた最適なソリューションを提供する。

main-25-1024x576

■『NEUTRANS』ティザーサイト
http://neutrans.space

『NEUTRANS』は、誰でも簡単に扱える操作性と、ハイエンド向けVR機器を対象にマルチデバイス対応、オンライン接続による複数ユーザーが利用可能という機能を設計思想に、VRコンテンツのベースシステムとして開発を行っている。
持つ・投げるといった基本的な動作部分をフルスクラッチで開発し、直感的な操作と納得のいく動作を設計思想にし、初めて触れる人でもすぐに使いこなせる操作性を実現している。また、マルチヘッドマウントディスプレイへの対応と、オンラインマルチ動作を前提にした、拡張性の高いソリューションベースとして作られている。

sub1-16-1024x576
基本動作

sub2-11-1024x576
環境変更

またSynamonでは、VRを活用したい企業に対し、企画部分から開発プロダクトの検討に携わり、Synamon側で『NEUTRANS』の機能を活用した形で開発、納品までワンストップで対応する。
活用方法としては、企業ニーズに合わせてベース機能を組み合わせ、最低限必要な機能を追加開発してプロトタイプシステムとして提供する、BtoBモデル。既存の機能をベースに、企業独自のコンテンツと組み合わせ、独自のパッケージシステムとして販売する、BtoBtoBモデル。展示会やプロモーションイベントに向け、動作仕様やグラフィック等をカスタマイズした専用VR空間を構築して提供する、BtoBtoCモデルなどなど。

活用例としては、遠隔地のメンバーと会議ができる「VRクリエイティブ会議室」を構築したり、様々なコンテンツや3Dモデルなどを配置にしてユーザーに紹介する「VRショールーム」などに利用することが可能だ。

sub3-4-1024x576

なお対応するヘッドマウントディスプレイは、現在対応のOculus RiftとHTC Viveのほか、随時拡充していく予定となっている。今後はベースシステムの機能拡張を行いつつ、サンプル開発やパッケージ化を推進していく。
また今回、4月中に問い合わせのあった企業を対象に、初期費用を割引くといったキャンペーンも実施するとのこと。

興味ある方は、問い合わせしてみてはいかがだろうか。

■会社概要
商号  : 株式会社Synamon
代表者 : 代表取締役 武樋 恒
所在地 : 東京都千代田区神田佐久間町3-21ポローニア秋葉原101号
設立  : 2016年8月
事業内容: VRプロダクトの企画・開発
URL  : http://synamon.jp

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top