• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース『VR戦艦大和』に続き『VR日本海海戦』を開発! GWに記念艦三笠で常設展示
ニュース
2017/03/29 11:44

『VR戦艦大和』に続き『VR日本海海戦』を開発! GWに記念艦三笠で常設展示

公益財団法人三笠保存会と神田技研は、VRで楽しめる博物館展示作品『バーチャルリアリティ日本海海戦』を現在開発であることを公式サイトにて発表。

image48_2-1024x541

2年の歳月をかけて作られた『VR戦艦大和』に続き、今回VRで再現されるのは戦艦三笠。同コンテンツの中で日露戦争で活躍した戦艦三笠に乗船。東郷平八郎や秋山真之といった軍人たちと同じ視点で、バルチック艦隊と対決する歴史的瞬間をVRで体験することができる。

今回のVR化にあたり、三笠保存会のプロデュース・歴史監修と『VR戦艦大和』で培ってきた技術を活用し、史実に基づき忠実にデータで再現。日本海海戦の経緯や明治日本人の敢闘を、体験的に理解できる作品を目指して開発されている。

image49Tougou2017-0326-1024x740

ちなみに本コンテンツは、今年のゴールデンウィークより記念艦三笠で公開。常設展示される予定だ。

※いずれも画像は開発中

■株式会社神田技研
http://kanda-giken.co.jp/index.html

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top