• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースロボットが働き、恐竜VRも楽しめる!? 「変なホテル舞浜 東京ベイ」3/15(水)開業、関東初出店!
ニュース
2017/03/16 14:10

ロボットが働き、恐竜VRも楽しめる!? 「変なホテル舞浜 東京ベイ」3/15(水)開業、関東初出店!

エイチ・アイ・エスの子会社H.I.S.ホテルホールディングスは3月15日(水)、千葉県浦安市に関東初出店となる「変なホテル舞浜 東京ベイ」を開業。

main-28
sub1-15

先進技術を導入して、ワクワクと心地よさを追求したロボットを活用したホテルの「変なホテル」。2015年7月に長崎県ハウステンボスに初号棟が開業。「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」としてギネス世界記録®にも登録されている、人気のホテルだ。
sub4-6

今回開業した「変なホテル舞浜 東京ベイ」では、チェックイン・チェックアウトの手続きをフロントに設置された多言語対応<日本語・英語・中国語(簡体)・韓国語>のロボットたちが対応。

sub2-11

それぞれの客室には、AIで顔や名前の認識や接し方で応答が変化するコミュニケーションロボット「Tapia」がお客様の滞在をサポートする。
「Tapia」は、変なホテル客室ロボットとしては初めてAI(人工知能)を搭載し、宿泊者の顔と名前の認識や、接し方によって応答を変化させることができる。また、人の手の形を識別することで、じゃんけんなどの遊び機能も搭載している。その他、室内の照明・エアコン・テレビのオン・オフにも対応することができ、小さなお子様から大人までロボットに触れる機会を設けている。

sub6-1

それ以外に、ホテルでは恐竜の世界を体験できるVRも用意。こちらはハコスコを使って楽しめるコンテンツで、子供も利用が可能なタイプのVRコンテンツが用意されている。

sub8

またロビーには、今にもとびかかってきそうなティラノサウルスがお出迎え。その他、魚ロボット、ミニ恐竜ロボットなどが点在しており、ホテル全体がまるでテーマパークのような雰囲気で、旅の思い出がさらに楽しくなる宿泊施設となっている。

d5110-451-742437-5

変なホテル舞浜 東京ベイ概要

住所:千葉県浦安市富士見5-3-20
客室数:100部屋
スタンダードツイン(18.5㎡)
スタンダードトリプル(23.5~24.5㎡)
コーナーツイン(26㎡)
アクセス:JR「舞浜」駅から徒歩約18分
東京ベイシティバス「富士見五丁目」下車すぐ
駐車場:あり(有料/ご利用日の2週間前より予約可)
http://www.h-n-h.jp/maihama/

sub3-7

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top