• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースコシノジュンコ、VR LIVEドローイング【DRESS for VENUS】で100年ハダカだった「ヴィーナス」にドレスを着せる!!
ニュース
2017/03/15 15:00

コシノジュンコ、VR LIVEドローイング【DRESS for VENUS】で100年ハダカだった「ヴィーナス」にドレスを着せる!!

一般社団法人アート東京は、【アートフェア東京2017】オープニングパーティーにて、オープニングアクトとして、コシノジュンコがアート×ファッション×テクノロジーで魅せるVR LIVEドローイング【Dress for Venus】を、3月16日(木)21時30分よりパークホテル東京 25階アートラウンジにて公演する。

キービジュアル_sum
コシノジュンコ

VR LIVEドローイング【Dress for Venus】は、日本を代表するファッションデザイナー・コシノジュンコが、VRドローイングツール Google『Tilt Brush』を使用し、ヴィーナスにドレスを着せるという「100年ハダカだった彼女に手作りのドレスを着せる」前代未聞のアート・プロジェクト。

絵画から3D化したヴィーナスに、コシノジュンコが『Tilt Brush』を使い、VR空間で新作ドレスをドローイングするという、アート、ファッション、テクノロジーが融合したまったく新しいLIVEパフォーマンスなのだ。

なおイベントは、事前に案内された【アートフェア東京2017】オープニングパーティー参加者およびメディア各社のみ入場可能となるが、当日はYouTube LiveによるLive配信、後日アーカイブ動画公開予定となっているので、お楽しみに。

■特設サイト
https://artfairtokyo.com/dressforvenus

DRESS for VENUSの概要

絵の中のヴィーナスに、どうやってドレスを着せるのか?

今回作成するのは、いわば、ヴィーナスのための「オートクチュール」。より精緻なドレスを作るためには、本人の体のラインや形状にフィットしたデザインを構築する必要がある。また、作成したデザインをすぐに絵画に反映するためには、ヴィーナスを3D化し、VR空間上で直接ドレスを「描く」のが最善の方法ということで、このスタイルとなった。

①ヴィーナスを絵画から3D化
dfv1_sum_sum
1_ヴィーナスを絵画から3D化_sum
2Dの世界にいるヴィーナスのボディに直接触れながら、立体的に服を描いていくために、絵画を元に3Dモデル化してヴァーチャル空間に配置。

②VR空間上でドレスを描く
dfv2_sum_sum
2_VR空間上でドレスを描く_sum
VRドローイングツール Google『Tilt Brush』を使用し、ヴィーナスの3Dモデルにドレスを「描いて」いく。

③実物の像にドレスを着せる
dfv3_sum_sum
3_実物の像にドレスを着せる_sum
「ペッパーズ・ゴースト」と呼ばれる立体投影技法を用いて、VR空間で描かれたドレスを実物のヴィーナス像に投影し、360度から閲覧できるようにする。

④ブグローのタッチを再現・合成
dfv4_sum_sum
4_ブグローのタッチを再現・合成_sum
ブグローの絵画をAIに学習させ、そのタッチを再現できる画像フィルタを制作。デザインされたドレスをオリジナルの絵画に馴染むように、変換して合成する。

アートフェア東京とは?

アートフェア東京とは_sum
2005年から開催され、今回で12回目を迎える日本最大級のアートの見本市。
古美術・工芸から、現代アートやジュエリーまで、様々なジャンルのアートが集結。
国内外から150のギャラリーが出展し、古今東西のアート作品を気軽に楽しむことができる。
 
■コシノジュンコ プロフィール
コシノジュンコ
大阪府岸和田生まれ。装苑賞を最年少で受賞。世界各地にてショ-を開催。2006年にイタリア連帯の星カヴァリエーレ章受勲、2009年にモンブラン国際文化賞を受賞するなど、世界から高い評価を得ている。
 
■ウィリアム・ブグロー「ヴィーナスの誕生」
ヴィーナスの誕生_sum
オルセー美術館に所蔵される、史上最も華麗なヴィーナスと謳われるウィリアム・ブグローの傑作。そのヴィーナスの美しさから世界中に熱狂的なファンがいるほど。ヴィーナスは女性の姿と美の最も精妙な表現であると言われている。
©RMN-Grand Palais (Musee d’Orsay)/Herve Lewandowski/AMF /amanaimages
 
■Google『Tilt Brush』とは?
Tilt Brush_sum
HTC Vive(VRヘッドマウントディスプレイ)を装着してVR空間に線を描いていくGoogleが開発したペインティングツール。両手に持ったコントローラーがパレットと筆になり、色も線種も自由自在に3D空間(VR空間)に絵を描くことができる。下から覗きこんだり、周囲をグルグル回り込みながら描いたりといったペインティングの体験はこれまでにないものとなっている。
 
■ペッパーズ・ゴーストとは?
ペッパーズ・ゴーストとは_sum
劇場などで使用される視覚トリック。板ガラスと特殊な照明技術(プロジェクションやLEDモニタ)により、実像と板ガラスに写った「幽霊」(オブジェクト)を重ねて見せることで、錯覚をつくり出す。実像と「幽霊」はぶつかることなく交差し、照明の調整により「幽霊」を登場させたり消したりすることができる。

■関連サイト
アート東京

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top