• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームゲーム街を巨大UFOが襲う、AR、VR、Webが一緒に遊べるゲーム『Conquest of the YGGDRASIL』をSXSW2017にて発表
ゲーム
2017/03/03 15:00

街を巨大UFOが襲う、AR、VR、Webが一緒に遊べるゲーム『Conquest of the YGGDRASIL』をSXSW2017にて発表

キッズプレートは、「Android」、「Stream」向けに開発したゲームアプリ『Conquest of the YGGDRASII for SXSW』を、2017年3月12日から15日の計4日間アメリカテキサス州オースティンで開催されるアメリカ最大規模の見本市SXSW(South by Southwest、サウス・バイ・サウスウエスト)に出展する。

d21558-4-632858-0

d21558-4-317299-1

SXSW展示詳細
期間 :2017年3月12日(日)〜3月15日(水)
ブース:コンベンションホール内ブース番号1423

ゲーム『Conquest of the YGGDORASIL』は、一見、平和そうなアメリカ・オースティンの街に突如として現れるUFO、その危険に気付いた勇敢な市民がUFOを撃退すべく立ち向かうというもの。地上からはスマホを使い、自宅からはVRを使って戦闘機を操作して攻撃。ただしUFOを操作する悪の組織の本部は意外なところにあるのを誰も知る由もない……という世界。
プレイヤーは、赤、緑、黄色のチームカラーを選択し、仲間同士で連携して多くのUFOを撃墜することでその地域の名誉あるセキュリティマネージャーとなる。チーム別にわかれて、より多くの地域をUFOからの侵略から守ることができるかを競う。地上からはARアプリを使って攻撃し、自宅にて待機している外出が苦手な自宅警備隊の人々はVRにて自宅に居ながらも戦闘機を操作して攻撃することができる。

なお今回のキッズプレートのSXSWへの出展は、Web、AR、VRの3つの異なる世界をひとつにつなぐことをわかりやすく体験してもらうためにゲームというUXを利用し出展したとのこと。ただし、キッズプレートはゲーム会社を目指している訳ではなく、VR、ARは新しい環境技術であり、その環境は利用するデバイスによって区切られるべきではなくシームレスに情報の交信があり、「VR、ARに表示される情報でもWebで簡単に情報の管理を行う※」ほうが作業効率は良いと考えているとのこと。
※国際特許出願中。

配信が楽しみなアプリである。

アプリ情報

Google Play (AR app)
料金:無料
配信予定日:2017年3月12日(日)

Steam(VR app)
料金無料
配信予定日:2017年3月12日(日)

■関連サイト
Conquest of the YGGDORASIL
株式会社キッズプレート
SXSW

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top