• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース日本最大常設型VRアミューズメント施設イオンレイクタウン「VR Center」にVRゲーム『サークル オブ セイバーズ』正式導入
ニュース
2017/03/03 14:00

日本最大常設型VRアミューズメント施設イオンレイクタウン「VR Center」にVRゲーム『サークル オブ セイバーズ』正式導入

日本最大級の常設型VRアミューズメント施設イオンレイクタウン「VR Center」は、PDトウキョウ制作VRゲーム『CIRCLE of SAVIORS(サークル オブ セイバーズ)』を、3月4日(土)より常設型コンテンツとして正式導入する。

img_123521_1_sum

『サークル オブ セイバーズ』は、PDトウキョウが独自に開発したまったく新しい体感型アクションVRゲーム。プレイヤーは剣と楯と魔法を駆使して実際に体を動かしながら戦うことで、スポーツのような心地よい疲労感が体験できるコンテンツだ。

img_123521_3_sumimg_123521_2_sum

イオンレイクタウン「VR Center」では、昨年の年末から年始にかけて限定コンテンツとして導入。それが好評だったことから、今回の正式導入が決定された。

headimage-1
img_123521_5_sum

料金は1回プレイが500円(税込)で、2回連続プレイは800円(税込)。

img_123521_4_sum

■サークル オブ セイバーズ
http://pdtokyo.co.jp/cos/

2017年3月4日(土) 導入
於:埼玉県越谷市 イオンレイクタウンmori 3階

■イオンレイクタウン VR Center
https://www.vrcenter.jp/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top