• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースエーアイ、人体型ロボット「アクトロイド」“kokoro”の成田空港での実証実験に音声合成技術協力
ニュース
2017/03/02 14:39

エーアイ、人体型ロボット「アクトロイド」“kokoro”の成田空港での実証実験に音声合成技術協力

エーアイは、協栄産業が2月28日(火)より成田空港に設置した人体型ロボット「アクトロイド」“kokoro”を使った実証実験にて、音声合成技術協力を行ったことを発表。

42adffb766

“kokoro”は、協栄産業がソフトウェア開発をおこなった人体型ロボット。全国初の保険カウンターで案内を行うロボットとして、成田空港第1ターミナルのGPA海外旅行保険カウンターに設置。日本語、英語で会話ができるのが特徴だ。

日本語の発話音声に、エーアイの音声合成AITalk(R)が使用されている。ちなみに英語の発話音声には、ベルギーのアカペラ社の音声合成技術が使われている。

“kokoro”は、海外旅行保険の手続き時間・注意事項・海外医療事情や成田空港第1ターミナルの国際線出発口など一部施設の位置をお客様にご案内中とのことなので、海外旅行や出張におでかけの際にはご相談してみてはいかがだろうか。

■『kokoro』設置概要
設置期間:2017年2月28日~ゴールデンウィーク終了(5月8日15:00)まで
設置場所:成田空港第1ターミナル南ウイング4階出発ロビーのGPA海外旅行保険カウンター

■協栄産業株式会社(ソフトウェア開発)
https://www.kyoei.co.jp/index.html

■株式会社ココロ(ロボット開発)
http://www.kokoro-dreams.co.jp/

■アカペラ社(英語音声合成協力)
http://www.acapela-group.com/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top