• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースクロスカルチャーイベント【Awesome Future Festival~ゲームと映画で体感する驚くべき未来とフクシとワタシ~】で最新VR体験!!
ニュース
2017/02/24 14:41

クロスカルチャーイベント【Awesome Future Festival~ゲームと映画で体感する驚くべき未来とフクシとワタシ~】で最新VR体験!!

NPO法人Ubdobenは3月12日(日)、ゲームと映画で未来とフクシとワタシを体感するクロスカルチャーイベント【Awesome Future Festival~ゲームと映画で体感する驚くべき未来とフクシとワタシ~】を京都・丹後王国「食のみやこ」にて開催する。入場は無料。

【Awesome Future Festival~ゲームと映画で体感する驚くべき未来とフクシとワタシ~】では、医療福祉系シミュレーションゲーム『THE Six SENSE』と、介護福祉業界で話題の映画『つむぐもの』の上映会&トークショーを同時開催。

sub1-32-722x1024

参加は、映画もしくはゲームのお好きな方、もちろん両方好きな方もOK!
お友達やご家族とワイワイ! おひとりさまでじっくり、映画やゲームを通して‟ちょっと先の未来”を考え、体感してみよう。

イベント名:Awesome Future Festival~ゲームと映画で体感する驚くべき未来とフクシとワタシ~
日程:2017年3月12日(日)
会場:丹後王国「食のみやこ」
https://tango-kingdom.com/
〒627-0133 京都府京丹後市弥栄町鳥取123
入場:無料

■1.THE Six SENSE 〜医療福祉系シミュレーションゲーム~

sub4-11-1024x384

ゲームは、あなたが働くゲーム会社で、タイムトラベル式のシミュレーションゲームが開発されたという設定内容。
「君にはこのシミュレーションゲームの被験者となってもらい、五感を最大限活用して内容の吟味・安全性の確認をしてきてもらいたい」と、そんな上司の言葉から始まった、未来体験! 想像もしなかった未来がそこには広がっていた……。

sub6-5

過去に、山梨、東京で開催され大反響を得ている、この医療福祉系シミュレーションゲーム。ルールは簡単、すごろくのようにルーレットで出た目に合わせてマスを進んでいくだけ。最新技術VR(ヴァーチャルリアリティ)も体験できるのだ。

なおゲームは定員は100名で、事前にPeatixで参加エントリーをしておく必要があるので注意しよう。

定員:100名(Peatix事前予約)
会場:丹後王国「食のみやこ」 コミュニティーホール
開催時間:11:00〜16:00
申込方法:医療福祉系シミュレーションゲーム「THE Six SENSE」参加をご希望の方は、下記より〈Peatix〉にて参加エントリーをお願いします。
〈Peatix予約フォーム〉
http://ptix.co/2lpAdRJ
※事前予約制。空きがあった場合のみ当日受付を行います。

■2.映画『つむぐもの』上映会&犬童一利監督トークショー

sub7-4-724x1024

映画『つむぐもの』上映会&トークショーでは、犬童一利監督が登壇。ふたつのグループに分かれて、それぞれ映画の上映とトークショーが実施される予定だ。こちらは定員120名となっている。

■つむぐもの公式サイト
http://tsumugumono.com/

定員:120名(60名×2回の上映)
会場:丹後王国「食のみやこ」 2階会議室
タイムテーブル:
〈1グループ〉
09:30~10:00 入場開始
10:00~10:10 オープニング
10:10~12:25 映画『つむぐもの』上映
12:25~13:00 犬童監督トークショー
13:00  終了

〈2グループ〉
13:30~14:00 入場開始
14:00~14:10 オープニング
14:10~16:25 映画『つむぐもの』上映
16:25~17:00 犬童監督トークセッション
17:00  終了

●主催:社会福祉法人北丹後福祉会
●協力:社会福祉法人はしうど福祉会
社会福祉法人あしぎぬ福祉会
社会福祉法人太陽福祉会

●企画制作
NPO法人Ubdobe(ウブドベ) http://ubdobe.jp/

■お問い合わせ = NPO法人Ubdobe(ウブドベ)
・Mail:info@ubdobe.jp
・Website:http://ubdobe.jp/
・Facebook:https://www.facebook.com/Ubdobe
・Twitter:http://twitter.com/Ubdobe_jp

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top