• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース松竹芸能「笑うVR研究部」発足! 新宿角座が異空間に!? 芸人たちが本気で作るVR漫才制作にダズルが技術協力
ニュース
2017/02/23 11:00

松竹芸能「笑うVR研究部」発足! 新宿角座が異空間に!? 芸人たちが本気で作るVR漫才制作にダズルが技術協力

ダズルは、松竹芸能の「松竹芸能笑うVR研究部」のVR漫才制作への技術協力を行う。

main-42

松竹芸能は「松竹芸能笑うVR研究部」を発足。アメリカザリガニ平井氏を中心とした芸人メンバーが新ジャンルのVR漫才制作にむけて活動をスタート。

VR映像というと、通常は劇場やライブ会場など、まるで現地にいるかのようなライブ体験ができるものが中心だが、今回の「松竹芸能笑うVR研究部」ではステージと逆サイドの客席側180度も有効活用し、360度どこを見ても楽しめる、まったく新しいエンタメVR動画の制作を進めている。全方位に舞台があり、各方面の漫才がそれぞれリンクしながら繰り広げられる新感覚のお笑い舞台の完成に向けて絶賛部活動中だ。

ダズルは、「松竹芸能笑うVR研究部」にて「VR×お笑い」の新しい可能性にチャレンジ、VR技術を提供する。作品第1作は、4月上旬完成予定だ。

■松竹芸能VR部について
【メンバー】
部長  アメリカザリガニ平井(VR動画プロデューサー)
副部長 アメリカザリガニ柳原
参謀  なすなかにし
書記  ガール座
珈琲  コーヒールンバ

■スケジュール
第1作2月下旬収録。4月上旬完成予定。
4月、完成イベント開催予定。

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top