• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースVR/ゲーム用モーションコントローラー『3dRudder』がルームスケールVRに対応
ニュース
2017/02/22 12:31

VR/ゲーム用モーションコントローラー『3dRudder』がルームスケールVRに対応

​3dRudder社は、足で操作するVR/ゲーム用モーションコントローラー『3dRudder』に、追加機能として「VR解放モード(VR Unleashed Mode)」を実装し、ルームスケールVRへの対応を発表。

main-39-1024x576

今回追加された「VR解放モード」は、FPS(一人称視点のゲーム等)を操作する際に座りながら足で移動するできるようにしたものだ。

従来では、移動のともなうVRは広いスペースが必要となり日本の住宅事情ともマッチしていなかった。そこで、3dRudderがルームスケールVRに対応することで自宅の部屋の大きさに関わらず、コンテンツを楽しめるようにしたものである。

■動画(Arizona Sunshine with 3dRudder デモ)

■動画(The Lab デモ)

■3dRudderに関して
・椅子やソファーに座りながらルームスケールVRが楽しめる。
・FPSの場合、3dRudderで移動し、ハンドコントローラーで撃つことが可能に。
・座っているため疲れを感じず、長時間のプレイが可能。
・Steam OpenVRをベースに開発。
・SteamVRで購入可能なHTC Vive、Oculus RiftのVRコンテンツに対応。
・Windows並びにWindows対応のゲーム、ハンドコントローラーに対応。
・本体重量1.8kg、非常にスマートな形をしているので収納が簡単。
・価格は2万1,608円(税込)。www.3drudder.jp またはamazon.co.jpから購入が可能。

https://www.3drudder.com/tuto-unleash-vr/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top