• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース高精度でフィギュアを3DスキャンしVRなどに出力できるスキャナー、クラウドファンディングで人気上昇、目標額達成
ニュース
2017/02/14 12:25

高精度でフィギュアを3DスキャンしVRなどに出力できるスキャナー、クラウドファンディングで人気上昇、目標額達成

ポンタ研究所は、フィギュアなどを高精度で3Dスキャンし、データをVRなどに最適化してエクスポートできる『VR対応!高精度3Dスキャナ』を開発。クラウドファンディングのCAMPFIREで支援者を募集中だ。

58738878-e088-41e4-9f66-40ee0abc16a2

このスキャナーを使って出力したデータは、付属のマニュアルに従って作業をすることで、フリーソフト等で簡単に動きを付けてVRなどに表示することができるとのこと。

2eba6356-5e89-4f87-b141-f17cd0db4d44-1024x344

さらにKinectV2(約2万円)と$20のプラグインを使用することで、リアルタイムで体で動かすこともできるという。下記動画の右下の小さい画面は開発者が体を動かしている様子とのこと。

なお独自開発の画像解析アルゴリズムにより、レーザーを精密認識。他社の家庭用3Dスキャナーと比較して、圧倒的な高精度でデータを取り込むことができるという。

600569eb-063a-4c59-8275-76cf59b88beb-1024x476

支援金は4万5,000円で、資金提供者は3Dスキャナ本体一式を手に入れることができる。発送は、4月頃の予定だ。すでにパトロン数20名を超え、目標金額の100万円超えを達成している。募集終了は2月28日(火)。

詳細は、CAMPFIREにてご確認を。

■VR対応!高精度3Dスキャナ – CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
https://camp-fire.jp/projects/view/18100

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top