• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームレビュー話題沸騰中の五感を刺激する多機能VR筐体、コーエーテクモの『VR センス』をJAEPO2017で初体験!!
レビュー
2017/02/10 19:48

話題沸騰中の五感を刺激する多機能VR筐体、コーエーテクモの『VR センス』をJAEPO2017で初体験!!

2017年2月6日(月)にコーエーテクモウェーブから発表された、話題の多機能VR筐体『VR センス』が、なんと千葉・幕張メッセにて開催中(2月10日(金)~2月12日(日)まで)の【ジャパン アミューズメント エキスポ2017】(以下、JAEPO2017)で体験できるというので、早速伺った。

01
こちらは発表会でのお写真。

今回の体験場所は、もちろんJAEPO2017のコーエーテクモブース。

02
03

うわー、もう長蛇の列。2月10日はビジネスデー。しかも午前10時、開幕ともに伺ったが、もう大人気。

しばらく様子をみて、もう一度ブースに行くと……。

04

なんと120分待ち。しかも今は並べない。というわけで、体験は午後にすることに。

なので、まずは『VR センス』の機能面のおさらいを先にしておこう。

05

『VR センス』は、こんな形の筐体。人がひとり入って座れる、そんな筐体なのだ。

06

中は、こんな感じ。ちなみにこれは試作品のため、実際に街中で稼働する筐体は、また変更があるかもしれない。奥の前面に付いているモニターも、これは今回ブースでオペレーションするために付けられているものなので、誰でも簡単にVR体験ができることを目指す『VR センス』なので、実際の筐体ではなくなっている可能性もあるそうだ。

で、『VR センス』で何ができるのか。

『VR センス』の基本は、PlayStation VRを組み込んだ、スタイリッシュで利便性の高い筐体だ。それに「多機能3Dシート」「ミスト機能」「香り機能」など、VRの視覚以外にさらに五感を刺激するギミックを満載し、従来のVRコンテンツをさらに今までにない驚異の没入感を出すというもの。

07

それが、これらの機能。

詳しくは他のメディアにたくさん載っているので、説明はそちらに譲るとして、我々VRbeatは、とにかく体験してみたい!! どんなふうに五感が刺激されちゃうのか、興味津々。

早速、体験だ!!

まずは『VR センス』に乗り込もう。

08

『VR センス』内に座ったら、あとはブースにいる素敵なおねえさんがPS VR、ヘッドフォンの装着をしてくれるので、身をゆだねるのみ。

09

準備ができたら、PS VRの指示に従って、行動するのみ。

10

ここからはPS VRでVR体験、ゲームをプレイをするのと、まったく同じ。

ちなみに、今回体験できたのは、『VR センス』で体験できる3種類のコンテンツのうちの、次のふたつのコンテンツを体験させていただいた。

11
12
想像を絶する恐怖……、あなたの五感が凍りつく、誰もが興じた”あの遊び”が、VRホラーで登場。「動いてはいけない」恐怖がプレイヤーを襲う!
●映像に合わせ動く多機能3Dシート
●天井から落下する虫や、足元を走る小動物をタッチ機能で演出
●クリアしないではいられないストーリーとインタラクティブ性

13
14
かつてない臨場感、これがジョッキーゲームの最終形!
レースの”空気感”や、競走馬の”存在感”をVRで体験。ジョッキーだけのものだったレース体験がプレイヤーの手に!
●中継でお馴染みの矢野吉彦アナウンサーによる音声実況
●風や雨、雪等により臨場感は全開
●対抗馬との接戦をコントローラーと3Dシートにより超絶のリアリティで再現

という2種類の体験。

ということで、自分も『VR センス』に乗り込む。

15

げげ、横に綺麗なおねえさんがいたのに、画面は恐い恐怖の幽霊、そして遠くにひとりの少女。そっちに没入してたな、こりゃ。

16

その少女が「だるまさんがころんだ」と言っている間に、こちらは前進。少しでも動いているところを彼女に見つかると、もう命はないのだ……。

そんな一歩、一歩の前進が、『VR センス』の動くシートのおかげで、本当に前に進んでいるかのように感じるからすごい。これ、恐がりの人は、本当に危険かも(汗)。

17

かつてこんなに緊張した「だるまさんがころんだ」を経験したことがないぐらい、恐い。でも、またやりたい、そんな恐怖の「だるまさんがころんだ」だった。

18

そして、そのままもうひとつの『GI JOCKEY』で競馬の騎手に挑戦。

いやー、自分のプレイしている写真は、どちらも同じ格好だが(笑)、もうこの時点で気分は騎手。すっかりサラブレットに乗って、競馬場を駆け抜けている。

いやはや、このシートすごい。まさに乗馬中で、たしかに競馬場で自分、レースしてた。ここぞというところでムチをうてば、それに響くように馬がスピードを上げてくれる爽快感。あ、風だ!! 風を感じる!! もう自分、馬に乗っているとしか思えないぐらい真剣にムチうってます。

19

写真は、相変わらずだけど(笑)。

うーん、すごい。VRで五感を刺激されるって、本当にすごい。今、本当に自分、馬に乗ってたし!!

んー、『VR センス』の本格的な登場は夏か……。
いやー、早く『VR センス』で、もっともっと長時間遊びたいです。

またどこかで『VR センス』の体験ができるイベントがあったらぜひ、参加したい。
って、あ、JAEPO2017は12日(日)までやっているから、またチャンスはあるかも。

JAEPO2017は、2月10日(金)~2月12日(日)までの3日間、千葉・幕張メッセにて開催中。
ぜひみなさんも体験をしてみていただきたい、そんな『VR センス』でした。

■関連サイト
VR センス公式サイト

®コーエーテクモウェーブ All rights reserved.

この記事を書いた人

高橋ピョン太(@pyonta)

いつかVRの中で寅さんに会いたい。そして帝釈天で一緒に草団子を食べながら、リリーさんの話を聞きたい。そうなるようVRで頑張ります!!
VRveatをシェアしよう
Back to Top