• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースVR体験に欲しいもの、それは香り。『VAQSO VR』で女性キャラからいい香りがする時代がもうすぐやってくる!!
ニュース
2017/01/17 15:00

VR体験に欲しいもの、それは香り。『VAQSO VR』で女性キャラからいい香りがする時代がもうすぐやってくる!!

ザーズ株式会社は、香りの出るVRデバイス『VAQSO VR(バクソー ブイアール)』の開発と、それに合わせて米国・サンフランシスコを拠点とする新会社『VAQSO Inc.』の設立を発表した。

製品画像.001
IMG_5797_sumIMG_5894_sum

『VAQSO VR』は、Oculus RiftやHTC Vive、PlayStation VRといった市販のVRゴーグルに簡単に取り付けることができる小型の外付けデバイス。VRコンテンツに連動させて、複数の香りを出すことができる、VRに臭覚をプラスすることが可能となるデバイスだ。

VAQSO03
VAQSO04
VAQSO02

元々はザーズにて開発を行っていた『VAQSO VR』を、今回、ザーズの代表取締役社長・川口健太郎氏が新たに米国にてVAQSO Inc.を設立し、CEOとなりVAQSO Inc.にて開発を継続していくという。なお米国にて会社を設立した経緯は、VR事業で出資を受けるには米国が最も適していることと、VR界隈の流れを見ていくのにはやはり米国の動きを把握することが必須であるとの判断からとのこと。しかしながら開発は、しばらくは東京が拠点となるそうだ。

IMG_5760_sum
▲VAQSO Inc. CEO 川口健太郎氏

『VAQSO VR』はスナック菓子「スニッカーズ」ほどのサイズだが、BLE(Bluetooth Low Energy)で接続することができ、交換可能なカートリッジ(プロトタイプでは未実装だが、市販品で実現)を入れることで、3~5種類の複数の香りを出すことができるデバイスだ。なお香りのカートリッジは、1日1時間程度のゲームプレイで約1カ月程度持つという。

IMG_5792_sum

たとえば爆発や銃を撃つシーンなどで火薬の匂いを出したり、果物の出現に合わせて桃の香りやオレンジの香りを出したり、女の子が前を通ったらシャンプーの香りを漂わせるというような臭覚による演出をコンテンツに付加し、より五感を刺激するVR環境を実現させることができるという。

IMG_5938_sum
IMG_5951_sum

現時点でプロトタイプであるという『VAQSO VR』は、本日、デベロッパー向けのキットとして発表、オンオフで任意の香りを指定時間出すことができるUnity用のAPIを無償で公開するとのこと。今後は他のゲームエンジンにも対応予定で、香りのオンオフの制御だけではなく、ある物に近づくと香りがするような、より高度なAPIも開発していくとのこと。なお正式な発売は年内の予定だが、当初はB2Bを中心に、その後の展開としてコンシューマー向けを考えているが、価格等は未定とのこと。ビジネスモデルとしては、『VAQSO VR』本体よりも香りのカートリッジのほうで収益化を目指したいという。

また本日の発表会では、CEOの川口氏のほかに、スペシャルアドバイザーとしてブシロード元副社長でメディアコンテンツ研究家、黒川塾を主催するゲーム業界の重鎮・黒川文雄氏の登壇もあり、VRに対する『VAQSO VR』の役割、臭覚によるVRの可能性についてお聞きすることもできた。黒川氏の参画により、今後『VAQSO VR』がより多くのゲームデベロッパーに採用されることを期待したい。

IMG_5892_sum
▲左 川口健太郎氏、右 黒川文雄氏

なお『VAQSO VR』の詳細については、今後デベロッパー向けのコミュニティを作り、そこで逐一公開する予定とのことなので、興味のある方は参加されてみてはいかがだろうか。

■ディベロッパー向け メルマガ登録サイト
http://bit.ly/VAQSO

そして本日は最後に『VAQSO VR』のサンプルデモとして、シナモンが開発を担当したサンプルゲームのお披露目となった。Oculus Riftによるデモゲームは、プレイヤーに向かって飛んでくる物をひたすら撃ち落とすというもので、ときどき出現する桃を撃つと桃の香りが、樽を撃つと何かが爆発して燃えているような香りが漂うというものだが、ゲームを体験したプレイヤーからは、香りがする都度、歓声が上がっていたのが印象的だった。

IMG_5956_sum

シナモンでは、このようなサンプルゲームが誰でも簡単に作れるような環境を提供していきたいというお話で、『VAQSO VR』の発表会は幕となった。

今後、VRコンテンツの可能性が広がるデバイスなだけに、より早く市場に登場することを期待したい。

■関連サイト
ザーズ株式会社

VAQSO05
VAQSO06

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top