• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームゲーム世界最大のゲーム開発ハッカソン【Global Game Jam 2017】国内サテライト会場協賛企業決定、VRコンテンツにも期待!!
ゲーム
2016/12/19 19:04

世界最大のゲーム開発ハッカソン【Global Game Jam 2017】国内サテライト会場協賛企業決定、VRコンテンツにも期待!!

NPO法人IGDA日本は2017年1月20日~22日に開催される【Global Game Jam 2017】に向けて開催支援ユニットを発足し、国内参加会場の運営をサポート。

そのIGDA日本が、【Global Game Jam 2017】国内サテライト会場運営において、OPTPiX SpriteStudio(株式会社ウェブテクノロジ・コム)、オートデスク株式会社、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社、PlayCanvas運営事務局の協賛決定を発表した。

image3image5-300x50
image2-300x109image4

■Global Game Jam について
Game Jamは会場に集まった参加者が、少人数のプロ・アマ混合の即席チームを編成し、短時間でゲームを開発するイベント。
その中でもGlobal Game Jam(以下、GGJ)は、2009年度から全世界で開催されている世界最大級のGame Jam イベントで、全世界にハッカソン会場が設けられ、全世界で同じ日に同じテーマでゲームを開発する。2012年度は世界で最も参加者を集めたGame Jamイベントとして、ギネスブックにも認定されるほど、人気のイベント。2016年1月のGGJでは、世界93の国と地域で、36,000人以上が参加し、約6,800の作品が制作された。日本では、北海道から沖縄まで19会場が設置され、600名以上の参加者がGGJに参加した。

2017年度のGGJは1月20日から22日まで、48時間で開催。VR元年が新年を迎える2017年、GGJにてVR作品の登場も大いに期待したい。

ggj2016
△Global Game Jam 2016 国内会場の様子
 
 
■関連サイト
NPO法人IGDA日本公式サイト(http://www.igda.jp/)
Global Game Jam 公式サイト(http://globalgamejam.org/)
Global Game Jam Japan(http://ggj.igda.jp/)

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top