• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースモノビット、VRボイスチャットミドルウェア『VR Voice Chat with MUN β版』スマホ版リリース!
ニュース
2016/12/01 15:24

モノビット、VRボイスチャットミドルウェア『VR Voice Chat with MUN β版』スマホ版リリース!

モノビットは、Unity向けVRボイスチャットミドルウェア『VR Voice Chat with MUN β版』をスマートフォンにも対応。12月1日(木)より、提供を開始した。

main

『VR Voice Chat with MUN β版』は、VRクラウドを手軽に実装できるUnity専用の無料ミドルウェアだ。自分の動きや声をリアルタイムにネットワークで通信し、VR空間をリアルタイムに共有することで、VRコンテンツの新たな楽しみ方や深い没入感を創り出すことができる。ゲーム以外にも、様々な業種で制作されるVRコンテンツにVRボイスチャットを搭載することが可能となる。またサンプルプログラムも付属しているため、コンテンツ制作時の参考にすることもできる。

sub1-1024x663

sub2-1024x607
△サンプルプログラム画像

製品ダウンロード→ http://www.monobitengine.com/vrvc/
製品マニュアル→ http://www.monobitengine.com/vc/WebDoc/

■製品特徴
①Unityに完全特化し、 各種プラットフォームに対応!
iOS/Android、 PC(Windows/Macintosh)などに対応。

②クライアントプログラムだけでVRボイスチャットが簡単実装!
サーバ側へのロジック記述が不用で、 クライアント側にプログラムを記述することですべての開発が完結。

③無料のテストクラウドで今すぐ試せる!
無料ですぐにためせるテストクラウド環境が標準で搭載。サーバを構築せず、すぐに通信テストを行う事が可能。

④サーバOSはLinuxサーバを利用可能!
日本で幅広く利用されているLinuxサーバで動作。サーバ運用ノウハウがそのまま活用できる。OSのライセンス費用も発生せず、Windowsサーバより経済的。

⑤日本語マニュアルを用意!
日本語マニュアルを公開。コーデックなどの特別な知識もなく、実装を手軽に行う事が可能。

■製品ポイント
【ポイント1:VR体験に必要なコミュニケーションを提供!】
離れた人同士でもVR空間で会議を行ったり、エンターテイメントを共有体験したいなどのニーズに応え、VRボイスチャットを提供する。VRならではの「没入感」の中、VRボイスチャットを用いれば、他のユーザーとリアルタイムで「コミュニケーション」をとれるコンテンツを作り出すことが可能。

d13447-34-283166-5d13447-34-326903-3

【ポイント2:さまざまな分野に応用可能!】
VRでのインタラクティブコミュニケーションは、「建築・住宅関連」「医療関連」「教育関連」「製造関連」など、ゲームの分野以外にもさまざまな局面で応用が可能。サーバなどの専門の知識がなくとも、VRボイスチャットはVRコンテンツにおけるコミュニケーションを手軽に実現が可能。

d13447-34-596236-4

【ポイント3:クライアントプログラムだけでOK!】
サーバーエンジニアの専門的な技術がなくても、クライアントプログラムの記述だけで簡単にVRボイスチャットを可能にする。もちろん、リアルタイム通信環境を構築する際も、サーバ側へのロジック記述は不要。クライアントプログラマしかいない場合であっても、VRリアルタイム通信コンテンツを制作することが可能。

■ボイスチャット調整機能
・ストリーミング再生調整機能
・音声ゲイン調整機能
– dbレベルで調整
・ストーリーミングバッファ調整機能
– バッファ数は0~50まで調整
・コーデック調整機能
・帯域調整機能
– 帯域は以下の5つ
Narrow Band ( 4 kHz bandpass)
Medium Band ( 6 kHz bandpass)
Wide Band ( 8 kHz bandpass)
Super Wide (12 kHz bandpass)
Full Band (20 kHz bandpass)
・録音フレームサイズ調整機能
– 録音するフレームサイズ幅は以下の3つ
20ms
40ms
60ms
・3Dサラウンド設定機能
– ON/OFF
・デバッグモード
– ON/OFF

■関連サイト
モノビット

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top