• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース東武鉄道とNTTドコモ、5Gを活用した共同実証実験でVR観光案内等をトライアル提供
ニュース
2016/11/10 15:11

東武鉄道とNTTドコモ、5Gを活用した共同実証実験でVR観光案内等をトライアル提供

東武鉄道とNTTドコモは、2017年5月以降に5G(第5世代移動通信方式)を活用した新しいサービス・コンテンツ創出に向けた共同実証実験を、東京スカイツリーや東京ソラマチ®等の東武グループ施設でおこなっていくことを発表。

01-3-1024x498
△実証実験イメージ

今回の共同実証実験では、東京スカイツリーを中心としたエリアで5G環境を構築。新規開発のVRなどを活用した観光案内コンテンツやライブ配信サービスのトライアル版を提供していく予定だ。

■東武鉄道とドコモの共同実証実験概要

①実証実験内容の想定
【5Gサービス・コンテンツ】
VR・AR等を活用する観光案内コンテンツや大型モニターで、ライブ映像配信や観光地での移動を楽しくする鉄道やバスへの観光情報のリアルタイム配信などを予定。

【5Gネットワーク】
実証フィールドにおいて、28GHz帯の周波数帯を利用し、最大通信速度5Gbps以上をサポートする5Gネットワークを構築。5G時代の実使用環境を想定した無線通信実験を実施。今後、28GHzだけでなく、4.5GHz帯でも実験をおこなっていく。

②実証実験開始時期(予定)
2017年5月以降

③実証フィールド(予定)
・東京スカイツリー®、東京ソラマチ®など東京スカイツリータウン®一帯(東京都墨田区)
・浅草駅ビル「EKIMISE(エキミセ)」(東京都台東区)
・路線バス:スカイツリーシャトル® (上野・浅草線等)の一部区間
・鉄道:東武スカイツリーラインの一部区間、日光エリア等

今回の共同実証実験の概要は、11月17日(木)から18日(金)までドコモR&Dセンタ(YRP)で開催される「ドコモR&Dオープンハウス」にも出展される予定だ。

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top