• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース『ONE PIECE ホログラフィックバトルシアター アンコール in YOKOHAMA』会場限定グッズとコラボメニュー公開
ニュース
2016/11/04 14:06

『ONE PIECE ホログラフィックバトルシアター アンコール in YOKOHAMA』会場限定グッズとコラボメニュー公開

DMM.futureworksと東映アニメーションは、世界初のライブホログラフィック専用エンタテイメント常設劇場「DMM VR THEATER」にて11月12日(土)より開催する『麦わらの一味vs 海軍vs 王下七武海 ホログラフィックバトルシアター アンコールin YOKOHAMA』で販売されるグッズやコラボレーションメニューの情報を公開した。

main-6-1024x538

■『麦わらの一味vs 海軍vs 王下七武海 ホログラフィックバトルシアター アンコールin YOKOHAMA』 特設サイト
http://vr-theater.dmm.com/schedule/opvr2016/

■『麦わらの一味vs 海軍vs 王下七武海 ホログラフィックバトルシアター アンコールin YOKOHAMA』 開催概要

開催期間:2016年11月12日(土)~ 2016年12月11日(日)
入場料:カフェエリア無料(フード・ドリンク別途)/シアター入場料500円(税込)(3歳未満無料)
前売り:セブンチケット 前売りチケット 500円(税込)(優先入場有り)
開催時間:金17:00~21:00/土日祝10:00~21:00

■会場限定グッズ
今回の開催を記念して、この会場でしか入手できないグッズも販売される。麦わらの一味と本公演のイベントロゴがプリントされた「記念デカカンバッジ」や、アクリルキーホルダーなどを販売する。

sub1-5

■コラボメニューが楽しめる「麦わらバトルカフェ」が登場
今回の公演を記念して「麦わらバトルカフェ」が登場する。ルフィの麦わら帽子をイメージした「ルフィの麦わらオムライス」や、「正義」の文字を掲げた海軍のコーヒーなどが購入可能。劇場内の売店でも、様々なコラボメニューやドリンクが用意されている。

sub2-4

「DMM VR THEATER」 概要

現在世界中で注目を集めている最新鋭の立体視映像表現“ライブホログラフィック”この技術を駆使した劇場として「DMM VR THEATER」が世界初の常設劇場として横浜駅西口にオープンしました。

ステージ企画は、2009年以降世界的に注目を集めている初音ミクのライブ・コンサート方式を考案し、プロデュースしたワイドワイヤーワークス(株式会社DMM.futureworks)と、世界唯一の大型ホログラフィック・ステージ「Eyeliner™」を用い、様々なコンテンツのホログラフィック公演を手がけているstudioTEDが共同で開発を進めています。
sub1-32

「DMM VR THEATER」 ホログラフィック技術について

sub2-26
世界最高峰のシステムで 実現するホログラフィック舞台演劇
多元レイヤーで構成されたペッパーズゴースト(視覚トリック)型ホログラフィック投影装置をステージ舞台とすることで、3DCGで制作された映像に物理的な奥行きを加え、あたかもそこに役者が存在するかのような錯覚を作り出す「手品的な」演出を行います。フルCGによる舞台演劇・歌劇といった唯一無二の新しいタイプの劇場です。

シースルー投影により奥行きのある立体レイヤー構造
ハーフミラー性能のスクリーンとLEDを用い、シースルー投影のテクノロジーにおけるそれぞれのメリットを最大限に活かしたパッケージとして組み上げ、まるで魔法の様なホログラフィック立体視を可能とします。実空間には存在しないキャラクター達がまるでそこに存在している様な錯覚をオーディエンスに与えるステージです。既に行われている、透過ボードや反射トリックを用いた既存の演出の、さらに二次元先のステージが常設舞台に設置され、幅広いフォーマットの公演に対応可能です。

■公式サイト
DMM VR THEATER

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top