• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースクリーク・アンド・リバー社がスタートアップを応援するTECH LAB PAAKのVRコース第2期に協賛
ニュース
2016/10/14 16:34

クリーク・アンド・リバー社がスタートアップを応援するTECH LAB PAAKのVRコース第2期に協賛

クリーク・アンド・リバー社のVR事業部は、リクルートホールディングスが運営する「TECH LAB PAAK」VRコースへの協賛を発表した。

sub1-21

半年間という期間限定で、スタートアップや研究者などの支援を行っている会員制コミュニティスペースのTECH LAB PAAK。9月7日(水)には、各VRメディアの編集長が集結し『VRメディアサミット』が開催されるなど、VRに関するイベントも頻繁に開催している。

01-1024x682
▲9月7日(水)『VRメディアサミット』の様子

そのTECH LAB PAAKでの2回目となる今期のVRコースに、同社が協賛することとなった。
期間は10月から来年3月までで、同社の扱っている一体型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)『IDEALENS K2』の無償提供を含むスポンサードを行っていく予定だ。

main-28

『TECH LAB PAAK』 VRコース

■TECH LAB PAAK(テック・ラボ・パーク)について
所在地:東京都渋谷区神南1丁目20−9 ABC公園通りビル6・7階
設立:2015年11月
URL:http://techlabpaak.com/

■VRコース プログラム内容
2016年10月~2017年3月までの6ヵ月間
2016年 10月14日(金)  キックオフイベント
2016年 12月頃  展示会開催
2017年 3月   成果発表会(デモデイ)
※随時:勉強会/ VC・投資家・メーカーによるメンタリングを開催

■株式会社クリーク・アンド・リバー社 VR/AR事業ページ
http://www.creativevillage.ne.jp/lp/vr/

■「IDEALENS K2」 製品概要
商品名 : IDEALENS K2
外形寸法 : HMD*本体部分のみ: 129mm x 183mm x 105mm
質量: HMD*本体部分のみ: 約295g
ディスプレイ方式  : OLED
ディスプレイ解像度 : 1200 x 1080 x 2
視野角 : 120°
リフレッシュレート : 90Hz
遅延 : 17ms
搭載センサ : 6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ
各センサ応答時間 : ≤2ms
プロセッサ : CPU/ Exynos 7420 GPU/ Mali-T760 MP8
メモリー : ROM/ 32G eMMC (OS、内蔵ソフトを含む) RAM/3G LPDDR3
拡張メモリー : micro SD (最高128G)
Wi-Fi : 2.4G/5G 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth : 4.0、3.0、2.0
接続端子 : micro USB 2.0端子、 3.5mm ステレオヘッドフォン端子
充電 : 約3.5時間(2A急速充電対応)
電池消費時間 : 約2~6時間(コンテンツによる)
価格 :3,499元
発売日 : 2016年9月15日(木)中国にて発売開始。日本でも年内発売予定。
発売方法 : 日本での販売方法は間もなく開示予定。

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top