• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホーム動画VRやドーム型ディスプレイで鑑賞できる新作映像インスタレーション作品『Tokyo Light Odyssey』公開
動画
2016/10/13 17:16

VRやドーム型ディスプレイで鑑賞できる新作映像インスタレーション作品『Tokyo Light Odyssey』公開

WOWは、VRにも対応した新作映像インスタレーション作品『Tokyo Light Odyssey(トーキョー・ライト・オデッセイ)』を10月15日から開催される文化庁メディア芸術祭20周年企画展【New Style New Artist -アーティストたちの新たな流儀】 で公開する。

main-24-1024x576

今回公開される『Tokyo Light Odyssey』は、高層ビルの光や街頭のネオン、車のヘッドライトから暮らしの灯りまで、東京という都市を映像で表現した全天球型のモーショングラフィックス作品だ。直径6メートルのドーム型ディスプレイで鑑賞できるインスタレーション作品と、ヘッドマウントディスプレイ(VRゴーグル)を装着して全天球映像が体験できる作品の2種類が用意されている。

sub1-17-1024x512sub2-14-1024x512

これまでの映像作品は平面に映し出すものが基本だった。しかし、VRなどの登場により人間の視野をはるかに超える360度の表示領域と、視線を追随することで生まれるインタラクションを獲得することができるようになった。今回の作品は、その新たな心のみのひとつといえるだろう。

sub3-5-1024x512sub4-4-1024x512

■関連サイト
WOW

▪️文化庁メディア芸術祭20周年企画展—変える力
会期 :2016年10月15日(土)― 11月6日(土)※月曜休館、 入場は閉館の30分前まで
時間 :11:00~18:00
会場 :NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]
住所 :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階

▪️文化庁メディア芸術祭20周年企画展示「New Style New Artist -アーティストたちの新たな流儀」
http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2016/20anniv-j-mediaarts-new-styles-new-artists/

▪️文化庁メディア芸術祭20周年企画展—変える力
http://20anniv.j-mediaarts.jp/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top