• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースVRInsideがVRコンテンツをビジネス視点で評価する『VRInside-Contents Bank』提供開始
ニュース
2016/10/05 16:26

VRInsideがVRコンテンツをビジネス視点で評価する『VRInside-Contents Bank』提供開始

スパイシーソフトが運営するVR情報メディアの『VRInside』は、VRの最新コンテンツをビジネス視点で正当に評価する『VRInside – Contents Bank』の提供を開始した。

main-9

各社から様々なVRゴーグルが発売され、それにともないVRコンテンツの数も徐々に増えつつある昨今のVR業界。
しかし、それらには品質ばらつきがあるという問題点もある。最初に体験するVRが品質が低いものにならないように、正当にVRコンテンツ実態を評価し届けるために生まれたのが、今回提供が開始された『Contents Bank』だ。

『VRInside』はメディアという中立の立場から、正当にVRコンテンツの実態を評価し届けることで、VRコンテンツを提供する様々なビジネスサイドへ有益な情報を提供し、VR市場に提供されるVRコンテンツの品質向上へのバックアップになればいいという観点から、「VRとしての体感性」、「VRとしての価値」、「VRとしての独自性・新規性」、「VR酔い」の5つの項目を、それぞれS(最高)からE(最低)までのの6段階スコア化。それにより総合評価を決定していくとのこと。

今後のVR業界にとって指針となる試みではないだろうか。

■Contents Bank
http://bank.vrinside.jp/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top