• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームゲームモノビット、HTC Viveを使用した多人数対応型VRトラッピングバトル『Trip Trap Travelers』をロケーションVR向けにリリース!
ゲーム
2017/12/07 13:24

モノビット、HTC Viveを使用した多人数対応型VRトラッピングバトル『Trip Trap Travelers』をロケーションVR向けにリリース!

モノビットは、HTC Viveを使用した多人数対応型VRトラッピングバトル『Trip Trap Travelers(トリップ・トラップ・トラベラーズ)』をロケーションVRコンテンツ向けに開発。

main-15-1024x724

『Trip Trap Travelers』は、最大4人まで同時プレイ可能な多人数対応型脱出ゲーム。それぞれのプレイヤーは、様々な罠やモンスターの攻撃を避けつつゴールを見つけ出し、クリアタイムを競い合っていく。

本作はスクウェア・エニックスで『スターオーシャン』シリーズや『ヴァルキリープロファイル』シリーズ等を手掛けてきた山岸功典氏が、同社にて初の開発指揮を行っている作品だ。同社の「ゲーム開発事業」「ミドルウェア事業」「VR事業」のひとつでもあるリアルタイム通信エンジン「モノビットエンジン」を利用し、「体感性」・「ゲーム性」を両立させている。

■VRトラッピングバトル『Trip Trap Travelers』プロモーション動画

■山岸 功典からのメッセージ
ゲームにおけるVRは、最近本格化した新しい遊びのスタイルです。
シューターやレースゲーム等、今までのゲームでも自分視点で進めるゲームは数多く発表されて来ましたが、VRほどプレイヤーをゲーム世界に没入させ、興奮させるものは無かったかと思います。
VRゲームはまだ始まったばかりです。
その多くはまだ、「体験する」という立ち位置から大きく動いてはいない気がします。
そんな中、今回のT3では「悪夢の世界を体験する」と同時に、自分で動き、敵を倒し、アドベンチャーする、というゲーム性の部分にも踏み出しています。
自分としては、ここからVRゲームの新しい流れが生まれてくればと、期待して止みません。

■製品概要
sub1-8
タイトル:Trip Trap Travelers(トリップ・トラップ・トラベラーズ)
ジャンル:VRトラッピングバトル(VTB)
対応デバイス:HTC VIVE
制作:株式会社モノビット
プレイヤー人数:ひとり~4人
ゲームエンジン:Unity
リアルタイム通信エンジン:Monobit Unity Networking2.0、VR Voice Chat
公式サイト:http://monobit.co.jp/t3/

■ゲーム概要
『Trip Trap Travelers』はロケーションVR向け多人数対応型ダンジョン脱出ゲーム。
閉鎖された空間にプレイヤーは閉じ込められる。そこには、幾多の罠が仕掛けられ、悪夢の使者であるスケルトンが襲ってくる。それらを回避しながら”福音の扉”を開き、閉鎖された空間から誰よりも早く脱出しよう。

■トラップやモンスターの解説
・ゲーム風景
sub6-2-1024x582
プレイヤーは冒頭で”悪夢の番人”「ミノタウロス」にナイトメアクレパスに落とされる。
この悪夢から抜け出すには、福音をもたらすモルペウスの扉を開く必要がある。

・ミノタウロス
sub4-3
“夢魔 ミノタウロス”が、冒頭にプレイヤーをナイトメアクレパスへと突き落とす。
ナイトメアクレバスから抜け出せないプレイヤー達は、永遠に悪夢に囚われたまま、次の獲物を狙う夢魔と成り果てる。

・罠
sub3-4
ナイトメアクレパスでは、プレイヤーの行く手を阻む罠が数多く待ち受けている。
罠を回避しながら出口を探さないと、深淵へ引きずり込まれる。

・スケルトン
sub2-4
脱出に失敗し、悪夢に囚われた魂が歪み、怨念となった“夢魔 スケルトン”
意思を持ち、贄とさせるためにプレイヤーに襲い掛かる。
倒しても倒しても何度でも立ち上がるスケルトンだが、ある方法で倒すことができる。

・ミノタウルス(檻の中)
sub5-4
僅かな人の希望が時間を稼いでくれており、ミノタウロスは檻の中に閉じ込められている。
残された時間は少ない……ミノタウロスが檻を破壊する前に“モルペウスの扉”を開け脱出せよ!

・ゲームオーバー
sub7-2-1024x597
スケルトンや、罠は、プレイヤーの体力を削ってくる。
体力が尽きるとその場で贄とされてしまうため、慎重に行動しよう。

■株式会社モノビット
http://monobit.co.jp/

©2017 MONOBIT Inc.

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top