• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースVR技術とディープラーニングでロボットに新たな作業を学習させることが可能な『マルチモーダルAIロボット』開発
ニュース
2017/11/24 12:00

VR技術とディープラーニングでロボットに新たな作業を学習させることが可能な『マルチモーダルAIロボット』開発

デンソーウェーブ、ベッコフオートメーション、エクサウィザーズは、多指ハンドを持つ双腕型ロボットアームをディープラーニングでリアルタイム制御し、不定形物を扱う複数の作業を同一のロボットアームで実現する『マルチモーダルAIロボット』を3社共同で開発。

main-52-1024x657

従来のロボットシステムで同様な作業を実現させるには、莫大な数のプログラムを組む必要があった。しかし、この『マルチモーダルAIロボット』ではプログラミングは一切行わず、ディープラーニングとVR技術を活用してその問題を解決。

『マルチモーダルAIロボット』では、VR技術とロボット操作を連携。全天球カメラで視覚と触覚に訴えるVRティーチングシステムを利用し、双腕型ロボットアームの軌道を直感的に教えられるようにしている。記録した軌道とロボットアームやハンドのセンサー情報を学習させていくことで、人が人に教えるようにロボットに学習させることで作業が覚えられるようになった。

『マルチモーダルAIロボット』は、11月29日(水)より東京ビッグサイトで開催される【2017国際ロボット展】のデンソーウェーブブースと、同じく11月29日(水)より東京ビッグサイトで開催される【システムコントロールフェア2017】のベッコフオートメーションブースに展示される。
イベントでは、ディープラーニング技術で学習した双腕型ロボットが、タオルを畳んだり、サラダを盛り付る様子などを見ることができる。また、VR技術を活用したVRティーチングシステムの体験も可能だ。

なお、11月29日の14時からデンソーウェーブブースで、開発に関わった企業の代表者、開発責任者が集まり、デモンストレーションを交えたプレス向け説明会を行う。オープンな会場のため、イベント来場者も自由に観覧可能だ。

■展示概要
名称:2017国際ロボット展
期間:2017年11月29日(水)~12月2日(土) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1ホール デンソーウェーブブース (小間番号IR1-29)

名称:システムコントロールフェア2017
期間:2017年11月29日(水)~12月1日(金) 10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西1ホール ベッコフオートメーションブース (小間番号1-48)

■デンソーウェーブ株式会社
http://www.denso-wave.com

■ベッコフオートメーション株式会社
http://www.beckhoff.co.jp

■株式会社エクサウィザーズ
http://www.exawizards.com/

 

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top