• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュース日本トラストテクノロジー、3D動画が手軽に撮れる3Dカメラ『WEEVIEW SID 3D Camera』を発売
ニュース
2017/11/20 12:00

日本トラストテクノロジー、3D動画が手軽に撮れる3Dカメラ『WEEVIEW SID 3D Camera』を発売

日本トラストテクノロジーは、11月24日(金)より3Dカメラ『WEEVIEW SID 3D Camera』を発売する。

0463732_02

『WEEVIEW SID 3D Camera』は、ふたつのレンズを搭載し、人間の視野に近い視点から撮影することで、臨場感や奥行き感のある立体映像を楽しむことができるコンパクト3Dカメラだ。

撮影した映像はサイド・バイ・サイド方式で保存。Wi-Fi経由でスマートフォンに映像を保存することができる。映像は、VRゴーグル等を利用することで手軽に楽しむことが可能だ。

また撮影には、スマートフォン対応の専用アプリを利用。アプリ『SIDカメラ』は、カメラ本体とスマートフォンとの接続、カメラ各機能の操作、映像の管理に使用する。
アプリ『3DFun』は、撮影した静止画を加工して擬似3D写真(WiggleGram)を楽しむことがでる。

作成した擬似3D写真は、GIFファイル形式で保存されるので、SNSで共有することもできる。

0463732_04
0463732_05

また本製品と同時に、電動3軸ジンバル、スマートフォンホルダーなどがセットになった本格撮影キット『SID Cinematic Kit』も発売。ジンバルは、3軸の傾きを自動で調整し、安定した滑らかな映像を撮影することができる。また、手許でカメラ角度が微調整できるジョイスティックも搭載。付属のスマートフォンホルダーに端末をセットすることで、リアルタイムに映像を確認しながら手ブレを抑えた映像が撮影可能だ。

0463732_03

■製品仕様
商品名:SID 3D Camera
型番:VW3000
定価:オープン
想定価格:2万9800円(税抜)
動画解像度:2880 × 1440ピクセル(サイド・バイ・サイド方式)/ 30fps
静止画解像度:8064 × 4032ピクセル(サイド・バイ・サイド方式)
レンズ:F2.4
接続方法:Wi-Fi 802.11n、microUSB 2.0対応
対応メディア:micro SD(最大128MBまで対応)
電源:内蔵リチウムポリマーバッテリー(1300mAh)
連続動作時間:最大で約 2時間(使用環境、使用方法によって動作時間は変動)
充電方法:USB電源(5V/1.5A)より充電
サイズ:約 横80mm×縦40mm×厚み19.5mm
重量:約 60g
付属品:カメラ本体、USBケーブル、ポーチ、説明書(保証書付)
対応機種:(専用アプリ)
・Android スマートフォン(Android OS5.0以降)
・iPhoneシリーズ(iOS9以降)

商品名:SID Cinematic Kit(3Dカメラ + 電動3軸ジンバルセット)
型番:VW3000K
定価:オープン
想定価格:4万9800円(税抜)
サイズ:約横95mm×縦268mm×厚み82mm
重量:約367g
可動範囲:Tilt/320°Roll/320°Pan/320°
充電方法:パソコンなどのUSB端子より充電
付属品:カメラ本体、ジンバル、スマートフォンホルダー、USBケーブル×2本、ケース、説明書(保証書付)

■製品ページ
http://www.jtt.ne.jp/products/original/3dcamera/

■株式会社日本トラストテクノロジー
http://www.jtt.ne.jp

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top