• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースITエンジニアの移住促進イベント『#みんなの札幌移住計画3』、11/25(土)大手町JOB HUB SQUAREにて開催
ニュース
2017/11/09 12:00

ITエンジニアの移住促進イベント『#みんなの札幌移住計画3』、11/25(土)大手町JOB HUB SQUAREにて開催

パソナテックは、北海道札幌市より「IT産業UIJターン、インターンシップ等支援事業」を7月より受託。今回、札幌市と札幌市への移住促進活動を行う有志の企業による任意団体「札幌移住計画」とともに、11月25日(土)にJOB HUB SUQUARE(東京、大手町)にて、ITエンジニアの移住促進イベント『#みんなの札幌移住計画3』を開催する。

d1465-464-942312-1

イベントでは、「移住の実現」をテーマに、札幌市内の企業35社が、事業概要や業務内容について説明するブース「札幌市ITエンジニア、クリエイター・UIJターン合同フェア」と移住体験談が聞ける座談会のほか、札幌市を視覚体験できる「VRコーナー」など、札幌市の魅力も情報発信していく。

また同日には北海道の食とお酒を楽しみながら、札幌市への移住に関する情報交換ができる『SAPPORO NIGHT』(主催:札幌市)を開催する。

パソナテックは同イベントを通じて、札幌市内の企業と札幌市への移住を考える人とのマッチングをサポートするほか、札幌市の魅力を発信することで、首都圏をはじめとする県外からのUIJターンを促進していく。

『#みんなの札幌移住計画3』概要

開催日時:11月25日(土) 10:00~17:00 (開場9:30)
場  所:東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 12階 ホールA
対  象:札幌市へのUIJターン就職に興味のある方
内  容:
1.「札幌市ITエンジニア、クリエイター・UIJターン合同フェア」
札幌市内企業35社と札幌市への移住を考えるITエンジニアやクリエイターの方との マッチングの場の提供
2.札幌市の魅力発信
・札幌市へ移住した方の移住体験談などが聞ける座談会
・札幌市の様子を視覚体験できる「VRコーナー」の設置
・札幌市での生活に関する情報提供 等
参 加 費:無料
定  員:300名
申し込み:右記URLより申し込み http://sapporo-iju.jp/event/3/
主  催:札幌市、札幌市移住計画
運  営:株式会社パソナテック
お問合せ:株式会社パソナテック 札幌支店
E-mail sapporo@pasonatech.co.jp
備  考:本イベントは、パソナテックが札幌市より受託した「IT産業UIJターン、インターンシップ等支援事業」の一環として実施。

■ 参考 『SAPPORO NIGHT』 概要
開催日時:11月25日(土) 17:00~20:00
場  所:東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 12階 ホールB
対  象:札幌市へのUIJターン就職に興味のある方
内  容:北海道名物「ザンギ」など北海道の食とお酒を楽しみながら、札幌市内の企業の魅力やUIJターンのコツなどを知ることができる交流会
(1) 北海道観光大使 青山千景氏の司会のもと、札幌市内の企業の魅力や、札幌市での活動について情報交換を行うトークイベント
(2)「札幌市へのUターン就活」をテーマにした、札幌市内の企業、専修大学(札幌市と「UIターン就職支援協定」を締結)、札幌市内の企業の内定者による座談会
参加費:
①一般1,000円(『#みんなの札幌移住計画3』参加者は500円)
②学生500円(事前予約、もしくは2名以上での参加の場合は300円)
※11月11日(土)開催の「札幌企業インターンシップフェア」(主催:札幌市)参加の学生は無料
(http://www.sapporo-ui.com/pdf/20171111_internship.pdf)
定  員:150名
申し込み:右記ページ(http://www.sapporo-ui.com/pdf/20171125_sapporo_night.pdf)内のQRコード
もしくは下記メールにて申し込み
札幌UIターン就職センター
E-mail info@sapporo-uinavi.jp
主  催:札幌市
運  営:株式会社パソナ
備  考:本イベントは、パソナが札幌市より受託した「平成29年度東京圏新卒者等UIJターン就職支援事業」の一環として実施。

株式会社パソナテック
http://www.pasonatech.co.jp
d1465-464-903750-0

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top