• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースエフマイナー、コンパクトな折りたたみ式VRグラス『カセット』の事業者向けカスタマイズ提供開始
ニュース
2017/11/07 08:00

エフマイナー、コンパクトな折りたたみ式VRグラス『カセット』の事業者向けカスタマイズ提供開始

エフマイナーは、9月より販売開始したコンパクトな折りたたみ式VRグラス『カセット』の事業者向けのカスタマイズ提供を開始。その第1弾として、360度VRコンテンツの制作編集クラウドソフト3D Styleeのユーザーである東京建物が開発に携わった新築オフィスビル「エンパイヤビル」の内覧会に活用され、過去最大級の来場者が訪れる成果
上げる結果が報告された。

img_142208_1-1024x658

3D Styleeで制作されたエンパイヤビルの360度VRコンテンツは、一般のスマートフォンを使い、アプリなしでVR体験ができるため、内覧者がコンテンツとVRグラスを持ち帰ることで、内覧に来られなかった人もVR内覧を体験し、物件の検討につながることが期待されている。

この『カセット』は、手のひらや胸ポケットにおさまる、コンパクトなスマートフォン向けVRグラス。重量はわずか40グラム。一般的なVRゴーグルとは異なり、そのままポケットにも入れて持ち運ぶことができるのが特徴だ

レンズ損傷や汚れを防ぐ保護カバーと、没入感を高める遮光シェードを一体化したオリジナル機構など、VR体験の質を高めるために、レンズのスペックや全体機構など細部にまでこだわって設計開発している。かんたんに素早くセットアップでき、顔に密着しないので衛生的。メガネをつけたままでも利用可能だ。

img_142208_3-1024x400

img_142208_5-1024x720

『カセット』の一般販売価格は1,800円(税込)だが、25個以上から事業者向けにデザインのカスタマイズも提供する。500個以上などまとまったロットの場合、1個あたり1,000円以下、3,000個以上で600円以下で注文可能だ。

なおエフマイナーは、今後もクラウドソフト3D StyleeとVRグラス『カセット』のプロモーションパッケージとしての展開だけでなく、業務効率化、成約率向上のツールとして様々な事業者に提供していく。2017年10月10日にスタートした、URLだけで複数のデバイスでVRコンテンツをリアルタイム同期させることができる遠隔同期機能とも組み合わせて、どこでもかんたんVRをより多くの人々に届けていく。

東京建物のVR活用とVRグラス「カセット」導入について

■カセット導入の背景
東京建物グループでは、(1)お客様の利便性向上、(2)成約率向上、(3)業務効率化のために、VRコンテンツ制作クラウドソフトの3D Styleeを導入し、管理不動産の360度VRコンテンツ化を推進している。まずは、オフィスビル賃貸営業部門にて3D Styleeの活用を開始し、今後は他の部門でも導入を進めていく予定とのこと。

img_142208_4-1024x661

img_142208_2

今回の東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅徒歩1分の新築オフィス「エンパイヤビル」の内覧会では、竣工時の360度カメラでの写真撮影だけでなく、デスクやミーティングスペースなどをレイアウトしたイメージ360度画像をCGで制作。内覧会に合わせ、360度カメラでの写真とレイアウトCG画像を組み合わせて制作されたエンパイヤビルのVRコンテンツとリンクしたプロモーショングッズとして東京建物ロゴ入りのオリジナルデザインのカセットは納品された。

■3D Stylee概要
https://3dstylee.com

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top