• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホーム動画サイバーリンク、360度カメラ&アクションカメラ用ビデオ編集ソフト『ActionDirector 3』を発表
動画
2017/10/25 08:00

サイバーリンク、360度カメラ&アクションカメラ用ビデオ編集ソフト『ActionDirector 3』を発表

サイバーリンクは、ビデオ編集ソフトの最新版『ActionDirector 3』を発表した。本ソフトは、360度カメラやアクションカメラのビデオ編集に特化したデザインとなっており、アクションのハイライトをすばやく直感的に編集できるほか、人気のリトルプラネットビデオをかんたんに作成することができるのが特徴だ。

img_141337_1

『ActionDirector 3』は、360度ビデオの取り込みから編集、書き出し、共有まで行うことができるビデオ編集ソフト。通常の2D形式で360度ビデオをシェアしたいユーザーのために、2Dに変換することもできる。

今回の最新版では、ビデオとオーディオの両方の画質を大幅に向上させるワンクリックのツールとともに、ビデオを鮮やかにするカラーエンハンスメント技術も追加されている。

■『ActionDirector 3』の主な機能
【360度編集】
360度ビデオ編集に対応。360度ビデオ素材を通常の2Dビデオとしての編集も可能。
・360度ビデオの取り込み、補正、編集、出力。
・360度ビデオを通常の2Dビデオに変換。リトルプラネット動画の作成にも対応。(NEW)
・ワンクリックで適用可能な芸術的なフィルターエフェクトを追加。(NEW)

【迫力のハイライトムービー】
・ビデオ素材をかんたんに迫力のあるアクションビデオに編集して、シェアできる。
・4K 映像の出力に対応。
・スーパースローモーション(240fps)映像の編集に対応。
・好きな音楽をBGMに追加し、ビデオに合わせてフェードイン/アウト、バランスの調整が可能。

【高速ビデオ編集】
・複雑なツールも、時間のかかる変換も不要。
・幅広いビデオ形式に対応し、編集前の変換が不要。
・様々なテーマのテンプレートが用意され、ドラッグ&ドロップで高品質のビデオを作成可能。
・ストーリーボード機能を使い、ビデオの構成を見ながらシンプルで高速な編集が可能。エフェクトも適用できる。

【かんたん編集】
・専門知識やビデオ編集の経験は不要。
・ワンクリックで、レンズの歪み、カラーや露出、手ぶれを補正。
・ビデオとオーディオのノイズ除去。
・カラーエンハンサー機能で、肌の色に影響を与えずにビデオ素材本来の鮮やかで豊かな色を忠実に再現。
・フリーズフレーム、スローモーション、ズーム、トランジション、レンズ補正、露出補正などの、魅力的なアクションビデオを作成するためのすべてのツールをひとつのワークスペースで利用できる。

 

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top