• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • RSS
VRの360°を知る総合メディア
banner
ホームニュースオプト、VR・AR利用ユーザーの行動を可視化する、マーケティング向けプラットフォーム『drop:VR360°動画』『drop:AR』開発
ニュース
2017/10/19 11:30

オプト、VR・AR利用ユーザーの行動を可視化する、マーケティング向けプラットフォーム『drop:VR360°動画』『drop:AR』開発

オプトは、ワン・トゥー・テン・ドライブと共同で行うプロジェクト「drop: Phygital Marketing Lab」にて、VR・ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム『drop:VR360°動画』、『drop:AR』を開発。

main-34

今回開発の『drop:VR360°動画』と『drop:AR』は、VR動画やAR素材の制作・配信に加えて、VR・AR内でのユーザーの行動を可視化。マーケティングデータとしても活用できるプラットフォームだ。これにより、ネットの外部データと統合することで、セグメントに合わせた広告配信やリテンション施策も可能となる。

sub1-26-1024x469

ちなみに、『drop:VR360°動画』はハコスコと、『drop:AR』はスターティアラボと、それぞれ共同開発により実現している。

『drop:VR360°動画』
http://drop-phygital.com/vr360/

『drop:AR』
http://drop-phygital.com/ar/

【drop: Phygital Marketing Labについて】
drop: Phygital Marketing Labは、IoT/AI/VRなどの未来技術を取り入れた、モノやサービスのプロトタイプ開発を得意とする1→10driveと、デジタルマーケティング分野を得意とするオプトが、両社の知見・テクノロジーを掛け合わせ、リアルとデジタルが連動した体験を研究開発・提供するプロジェクトとして発足。生活者と企業に対して、心も身体も動くマーケティングソリューションを提供する。なお、フィジタルとは(Phygital)= 物質の(Physical)とデジタル(Digital)を組み合わせた造語。
■drop: Phygital Marketing Lab
http://drop-phygital.com/

■株式会社ハコスコ
https://hacosco.com/

■スターティアラボ株式会社
https://www.startialab.co.jp

■株式会社オプト
http://www.opt.ne.jp/

この記事を書いた人
VRbeat編集部

VRbeat編集部

VRveatをシェアしよう
Back to Top